クロノス・クラウン、HTML5利用のマンガ作成Webアプリ「箱人形マンガ(Box Comic)」を公開

CodeZine / 2013年5月21日 15時20分

作成したマンガのサンプル

 クロノス・クラウンは、HTML5とWebGLを利用して、簡単に3Dマンガを作成できるWebアプリ「箱人形マンガ(Box Comic)」を、21日に公開した。作成したマンガはPNG形式で保存可能で、商用/非商用問わずWebサイトに自由に貼り付けられる。

 HTML5のCanvasと、WebGLを利用して、3D空間にオブジェクトを配置して、マンガを手軽に作成できる。キャラクターはドット絵を基本にした「箱人形」にして手軽に作成可能で、テンプレートによる自作キャラクターの作成や、ZIPファイルでの読み込みにも対応している。

作成したマンガのサンプル


 画像の読み込みやペイント機能を備えており、デジタルカメラで撮影した写真を読み込んで背景として使用でき、描き文字をその場で描いて取り込める。また、作成したマンガは、専用のtumblrページへの投稿が可能となっている。なお、ソースコードは公開されており、Webブラウザで閲覧できる。

 同社は、これまで『マンガで分かる JavaScriptプログラミング講座』(秀和システム・刊)や『マンガで分かるプログラミング用語辞典』(翔泳社「CodeZine」にて連載)、『めも理と窓太のパソコン講座』(インプレス「窓の杜」にて連載)において、プログラムやITをマンガで解説してきた。

 一方で、マンガの作成にはかなりの時間がかかることから、「箱人形マンガ(Box Comic)」はプログラムを使って、絵を描かずに簡単な操作でマンガ・コンテンツを作れるWebアプリとして開発されており、現在は同社Webサイト内で『マンガで分かる Java入門講座』を連載しながら、バージョンアップを続けている。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング