日本IBM、「Webアプリケーション脆弱性診断インフラ提供サービス」をピーエスシーに提供

CodeZine / 2013年8月8日 18時38分

 日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は、セキュリティ対応の知見を活かした「Webアプリケーション脆弱性診断インフラ提供サービス(HASM)」を、ピーエスシーに提供する。ピーエスシーは8月から、HASMを利用してWebアプリケーションの脆弱性を検査して、導入時のセキュリティ対応を診断する「PSC Webアプリケーション脆弱性診断サービス」の提供を行う。

 「HASM」は、アプリケーションの脆弱性を検査するソフトウェア「IBM Security AppScan」をSaaS(Software as a Service)として提供するサービスで、クラウド環境を活用しているため迅速かつ柔軟に利用できる。

 また、脆弱性を開発の初期段階から検出可能なので、開発期間の延長やコストの増大を防止でき、効率的かつ経済的なWebアプリケーションの提供を支援する。さらに、世界トップレベルのIBMのセキュリティー研究組織「X-Force」の知見が活かされており、最新のセキュリティ脅威の情報が反映された脆弱性診断を実現している。

 日本IBMでは、中小規模のWebアプリケーション構築企業向けに、「HASM」の販売を強化していく。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング