米Adobe、Photoshop CCとEdge Reflowに新機能「Generatorテクノロジー」を搭載

CodeZine / 2013年9月10日 17時18分

 米Adobe Systems(Adobe)は、「Adobe Photoshop CC」と「Edge Reflow」に、「Adobe Creative Cloud」やサードパーティ製アプリケーションとの相互運用性を高めるプラットフォーム「Generatorテクノロジー」を追加し、9日(現地時間)から「Creative Cloud」メンバーへの提供を開始した。

 「Generatorテクノロジー」は、時間を要するPhotoshopでの作業をなくし、デスクトップとモバイルの両方でデザインを正しく表示可能にする、リアルタイムの画像アセット作成機能を備えている。また、「Photoshop CC」内でタグ付けしたレイヤーとグループは、自動的にリアルタイムで指定したファイルフォーマットの個別のファイルに保存および更新できる。

 レイヤーは、Retinaディスプレイ向けのサイズ設定や、さまざまなレベルの圧縮度など、多様なオプションとともに、JPEG、GIF、あるいはPNGに書き出せる。「Edge Reflow CC」では、ワンクリックで画像やテキストを含む「Photoshop CC」のアセットを直接読み込めるため、手作業による操作を減らし、レスポンシブなデザイン作成をただちに始められる。

 ほかにも、使いやすいJavaScript APIを備えており、サードパーティのアプリケーションやサービスのデベロッパーも、「Photoshop CC」と一体可能な同様のツールを開発できる。Adobeは、サードパーティ製アプリケーションの開発支援を目的に、「Generatorテクノロジー」とリアルタイムの画像アセット作成機能を、オープンソースのプロジェクトとしてリリースしている。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング