エクセルソフト、モバイルクロスプラットフォーム開発環境「Xamarin」のiOS 7.1対応版を発売

CodeZine / 2014年3月19日 13時50分

 エクセルソフトは、C#を使ってiOS/Android/Macで動作するネイティブアプリケーションを開発できる、モバイルクロスプラットフォーム開発環境「Xamarin」のiOS 7.1対応版を、19日に発売した。

 「Xamarin」は、開発環境「Xamarin Studio」を使用してiOS/Android/Mac向けのアプリをビルド可能で、アドインを使えばVisual Studioでも、シングルソリューションでiOS/Android/Windows向けアプリケーションをビルドできる。

 iOS/Android/Windowsの100%ネイティブAPIをサポートしているので、C#から直接ネイティブプラットフォームのAPIを呼び出せる、ネイティブなユーザーインターフェースとパフォーマンスを備えたアプリケーションのビルドを実現している。

 C#のコードはプラットフォーム間での共有が可能で、ミッションクリティカルなエンタープライズ向けアプリケーションから、個人向けアプリケーションやゲームまで、幅広い分野のクロスプラットフォームのモバイルアプリケーション開発に対応する。

 iOS 7.1対応の「Xamarin.iOS」は、iOS 7.1で新たに搭載された「CarPlay」などのAPIに対応しており、Xcode 5.1およびNUniteLite 1.0のサポートを追加した。

 対応する開発環境はiOS SDKで、Visual Studioと統合する場合は、Visual Studio 2013/2012/2010のExpress以外のエディション。

 税別価格は、「Xamarin.iOS Business」が127800円、「Xamarin.iOS Enterprise」が243000円で、どちらも年間サブスクリプションが付属する。

 なお、2014年3月末までのキャンペーン価格として、「Xamarin.iOS Business」は税別98000円、「Xamarin.iOS Enterprise」は税別186500円で購入できる。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング