MS、Windows Azureの名称を4月3日から「Microsoft Azure」に変更

CodeZine / 2014年3月26日 17時45分

 米マイクロソフトは米国時間の25日、Windows Azureの名称を4月3日から「Microsoft Azure」に変更することを発表した。

 今回の変更は、従来の顧客向けだけでなく、Office 365、Dynamics CRM、Bing、OneDrive、Skype、Xbox Liveといった自社サービス向けのパブリッククラウドプラットフォームも含めてAzureである、という同社の戦略を反映したもの。

 今日では、Windows、SQL Server、.NETのほか、Python、Ruby、Node.js、Java、Hadoop、Linux、Oracleといった広範なOS、言語などを同社のパブリッククラウドサービスがサポートしていることも理由の一つに挙げている。

 

CodeZine

トピックスRSS

ランキング