日本マイクロソフト、開発者向けイベント「de:code」を5月末に開催

CodeZine / 2014年4月21日 18時0分

 日本マイクロソフトは、同社のテクノロジーの方向性と、最新情報を紹介するイベント「de:code」を、5月29日および30日の2日間、ザ・プリンス パークタワー東京で開催する。

 4月に米サンフランシスコで開催した「Build 2014」の情報を凝縮し、「Vision」と「Technical」2種類のキーノート、日本市場向けにアレンジしたブレイクアウトセッション、マイクロソフトやパートナー企業の展示、パーティーなどのプログラムを用意している。

 「Vision」キーノートには「開発者の力を無限大に」と題して、日本マイクロソフト代表執行役社長の樋口泰行氏が、「Technical」キーノートには「Developers build the Future」と題して、日本マイクロソフト執行役デベロッパー&プラットフォーム統括本部長の伊藤かつら氏が登壇する。

 セッションは、「Devices」「Services」「Tools & Languages」「Architecture」「Special」「Sponsor」の6トラックで構成し、参加者はアプリケーション開発者(Windowsストアアプリ開発者、.NET開発者、ネイティブアプリ開発者、iOS/Android開発者)、Web開発者(Webアプリ、クラウド)、インタラクティブデザイナー、IT技術者(インフラストラクチャ/ネットワーク担当者、サーバOS管理者)、ITアーキテクト(アプリケーション、インフラストラクチャ)を対象にしている。

 開催日時は、5月29日が10時~20時30分、5月30日が10時~18時30分(どちらも9時30分受付開始)。

 参加費は、4月28日23時59分までの早期割引価格が99000円、通常価格は120000円(ともに税別)。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング