IoTの市場性と、IoTを取り巻く最新技術動向

CodeZine / 2014年5月19日 14時0分

図9. KT社が提供するモノとの距離を判別するセンサとアプリケーション

 本連載では、さくらインターネット研究所が独自に調査研究を行った3~5年先に必要とされる新技術とその在り方についてご紹介いたします。「明日にでも、すぐ実用!」という技術ではなく、少し先の未来の技術について情報共有致しますので、タイトルを「明後日の~」としています。今回は3月に開催されたMWC(Mobile World Congress)2014でも数多くの発表があった「IoT(Internet of Things)」について見ていきましょう。

■Internet of Thingsとは?

 Internet of ThingsはIoTとも略され、古くはM2M(Machine-to-Machine)と呼ばれるコミュニケーション技術にもルーツがあります。日本語訳では「モノのインターネット」と、かなり残念な名前が付いてしまいましたが、技術的には「デバイスをネットワークにつなぐ」ことを意味しています。

 Mobile World Congress 2014のカンファレンス会場では「500億台」、調査会社であるガートナーの発表では「200億台」のデバイスが2020年までにネットワークに繋がると発表されており、試算された市場規模から新たに加熱しつつあります。しかしCloud Computingがそうであったように、Internet of Thingsも、まだ共通概念や認識を持つまでは成熟していません。聞く人、話す人よって異なるイメージを持っている場合も多いのです。

 今回の調査では「人はどれだけの情報を発信・蓄積していくのか」を課題として、Mobile World Cogress会場を見てきましたので、「IoTを取り巻く技術動向」と「これから何がシステムに求められていくか?」について情報共有します。

図1. Mobile World Congress 2014でのIoT向けパネルディスカッション風景


■IoTの市場性

 それではまず、IoTの市場性について見ていきましょう。すでに数多くのリサーチレポートが世界中で出ていますが、そこからいくつか抜粋して「こうなるだろう」という仮説を検証していきます。

 図2は、IoT European Research Clusterが2010年にまとめたIoTに関する市場性レポートです。インターネットへ繋がる比率が年代を経るごとに変化していることが確認できます。

図2. 欧州におけるIoTの市場性リポート


 現在私たちが使っているデスクトップPCやタブレット端末以外にも、インターネットへ繋がるデバイスが増えてくることが示されています。

 つぎに、IoTにおける成長分野と新たな参入可能性について見ていきましょう(図3)。

図3. IoTにおける成長分野と参入障壁を考慮した市場性メモ


 IoTは「500億台がつながる未来!」と壮大なビジョンが描かれている関係でさまざまな産業の適用性が示されます。しかし忘れてはいけないのが、各産業にはすでにマーケットを持つ企業が必ず存在し、法規制やさまざまな要件により高い参入障壁が存在します。せっかく「IoTで面白いことをしよう!」といっても、参入する産業や市場を間違えると大変な痛手を被るコトでしょう。

 図を見ていると、自動車産業や医療系、インテリジェントビルといえば、ベンチャーが入り込むには、どれだけの時間が必要なんだろう...と思うばかりです。

 でも大丈夫です、今回は読者の皆様が多いであろう「Webサービス事業者」を想定して「たぶんこうかな」というメモ(図3)を作成しました。「アイデアと安価なセンサデバイスとWebサービス」を組み合わせれば、3~5年後に面白い市場が国内にも出てきてくれるのでは期待しています。

 そんなIoTですが、Mobile World Congress 2014を歩いて、現在どのようなことができているのかをリサーチした結果からご紹介いたします。



CodeZine

トピックスRSS

ランキング