エクセルソフト、Objective-C向けIDE「AppCode Ver. 3」を発売

CodeZine / 2014年5月23日 14時55分

 エクセルソフトは、iOS/OS Xでのアプリケーション開発に対応したObjective-C向けの統合開発環境(IDE)「AppCode Ver. 3」を23日に発売した(開発はJetBrains社)。年間サブスクリプション付きの商用ライセンス価格は23760円。

 「AppCode」は、先進的なコード分析ルーチンと、スマートなエディタを搭載しており、優れたコードコンプリート、強力なリファクタリング、自動インポート、ワンクリックコードナビゲーション、自動コードフォーマットなど、開発効率を最大限に高める機能を備えている。

 このほか、統合グラフィカルデバッガ(GDBやLLDB)、デバイスやシミュレータ内のiOSアプリ用ビジュアル単体テストランナーを搭載し、Git/SVN/Mercurial/Perforce/CVSなど、一般的なバージョン管理システムをすべてサポートする。

 最新の「AppCode Ver. 3」は、統合UIデザイナーを採用するとともに、基本的なすべてのUIエディタ機能によって、iOS SDKがサポートするiOSコンポーネントパレットを完全に使用できる。また、iOSデバッグ支援ツールRevealの統合や、ターゲット管理とプロジェクトセッティングの改善、ローカルやリモートでのコマンド実行が可能なビルトインターミナルの搭載といった、新機能の追加を行っている。

 対応OSはMac OS X 10.8.4以降で、対応開発環境はApple Java 1.6、Xcode 5以降。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング