アシアル、HTML5モバイルアプリ開発プラットフォーム「Monaca」の教育機関向け専用プランを提供

CodeZine / 2014年6月23日 11時42分

 アシアルは、HTML5モバイルアプリ開発プラットフォーム「Monaca」の、教育機関でのモバイルアプリ開発の学習効果をより向上させる、教育機関ならではのニーズに対応した専用プラン「Monacaアカデミックプラン」の提供を、20日に開始した。

 「Monaca」は、HTML5やJavaScriptといったWeb技術によるモバイルアプリの開発が可能で、国内外の多くの教育機関においてモバイルアプリ開発講座に導入されている。

 「Monacaアカデミックプラン」では、「Basicプラン」「Educationプラン」の2種類のプランに加えて、「Professionalプラン」と「Businessプラン」を40%オフの特別価格で利用できる。

 「Basicプラン」は、エディタ機能、デバッグ機能、ビルド機能など、アプリ開発に必要な基本機能を提供する。プロジェクト数の上限は3個で、ビルド回数の上限は1日あたり3回まで。価格は無料。

 「Educationプラン」は教育機関専用プランで、「Basicプラン」の機能に加えて、別アカウントとのプロジェクト共有機能を備えている。プロジェクト数の上限は10個で、ビルド回数は制限しない。最少購入単位は10ライセンス~で、価格は年間9800円。

 「Professionalプラン」「Businessプラン」は、Cordovaプラグイン追加機能など、より高度なアプリ開発に必要な機能を提供する。価格は、「Professionalプラン」が通常は年間50000円のところ年間30000円、「Businessプラン」が通常は年間80000円のところ年間48000円。

 対象となるのは、幼稚園、保育園、小学校、中学校、高校、大学(短期大学含む)、大学院、高等専門学校、各種専門学校などに在籍する、学生および教職員。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング