コンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス「CEDEC 2014」、受講受付開始

CodeZine / 2014年7月1日 16時2分

 コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、9月2日~4日の3日間にパシフィコ横浜で開催する、日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス「コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス 2014(CEDEC 2014)」の受講申込受付を、1日に開始した。

 受講パスは、「レギュラーパス」「デイリーパス」「エキスポパス」の3種類を用意している。あわせて、会期3日間を通じて、すべてのセッションとイベントに参加できる「レギュラーパス」を7月31日までに申し込むと、受講料を5000円割り引く早期割引を実施する。

 このほか、2013年に引き続き、専修大学ネットワーク情報学部の藤原正仁講師とともに、商業ゲーム開発に携わる人を対象に、ゲーム開発者が働く環境および開発者のキャリアに関する意識や行動の現況を調べる「ゲーム開発者の生活と意識に関するアンケート調査2014」を、1日に公式サイトで開始した。

 同アンケートは、ゲーム開発者およびゲーム開発の仕事を希望する人への、キャリア形成について考える契機となるための情報提供を目的としており、経年的な調査の実施によって、他産業や海外との比較なども考慮に入れ、ゲーム開発を取り巻く環境について、産官学それぞれの対応に役立つ情報の提供を目指す。

 アンケート期間は1日~31日で、「あなた自身」「仕事」「所属企業」「働き方と職場」「今後のキャリアとゲーム産業」の、5項目39問の設問を用意している。また、アンケート協力者の中から抽選で「CEDEC 2015」のレギュラーパスなどをプレゼントする。

 なお、アンケートの集計・分析結果は、「CEDEC 2014」開催前日の9月1日に主要な数値などを速報として公表し、「CEDEC 2014」終了後の数か月以内を目途に、詳細な結果と分析の公表を予定している。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング