HOYAサービス、音声合成機能をWeb API経由で利用できる「VoiceText Web API」のβ版を提供開始

CodeZine / 2014年7月9日 15時16分

VoiceText Web API

 HOYAサービスは、音声合成ソフトウェア「VoiceText」の音声合成機能を、Web API経由で利用可能な「VoiceText Web API」(β版)の提供を、9日に開始した。

 「VoiceText Web API」(β版)は、Webアプリやスマートフォン向けアプリの開発用として提供する音声合成サービスで、アプリに数行のコードを追加するだけで、「VoiceText」の機能が使える。

VoiceText Web API


 また、表現力豊かな音声合成を目指し、喜怒哀楽といった感情を表現できる「感情音声合成」対応の「VoiceText」シリーズと同様に、「HIKARI」(女性)、「HARUKA」(女性)、「TAKERU」(男性)の各話者で、感情音声合成の提供を行う。

 このほか、テレビ東京系列の人気番組『モヤモヤさまぁ~ず2』のナレーション「ショウ君」としておなじみの「SHOW」(男性)も話者として提供する(感情音声合成には非対応)。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング