オライリー・ジャパン、「Maker Faire Tokyo 2014」出展者・協賛企業の募集を開始、11月23日~24日に東京ビッグサイトで開催

CodeZine / 2014年8月4日 15時20分

 オライリー・ジャパンは、エレクトロニクス(電子工作)、DIY、サイエンス、ロボット、アートなど異なるジャンルの「Maker(作り手)」たちの発表や交流の場である「Maker Faire Tokyo 2014」を、11月23日~24日の2日間に、東京・お台場の東京ビッグサイトで開催する。それにともない、出展者や協賛企業の募集を8月1日に開始した。

 「Maker Faire Tokyo 2014」は、出展者数約350組を予定しており、今回はハードウェアスタートアップ企業の支援を目的とした「Startup Sponsor」の協賛枠も用意している。

 なお、2013年11月に開催した「Maker Faire Tokyo 2013」では、出展者数250組、来場者9200名を迎え、盛況のうちに終了した。また、「Maker Faire」と「Mini Maker Faire」の開催地は2013年に全世界で100か所を超え、合計約50万人が参加しており、2014年6月には米ホワイトハウスでも「White House Maker Faire」を開催するなど、Makerムーブメントは全世界的に勢いを高めつつある。

 「Maker Faire Tokyo 2014」の開催日時は、11月23日が12時~19時、11月24日が10時~18時を予定している。会場は東京国際展示場(東京ビッグサイト)の西3ホールなど。入場料は、前売が大人1000円、18歳以下500円、当日が大人1500円、18歳以下700円の予定。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング