グレープシティ、開発用スイートの最新版「ComponentOne Studio 2014J v2」を発売、タッチデバイス対応を強化

CodeZine / 2014年9月16日 12時11分

 グレープシティは、アプリケーション開発に便利なコンポーネントを多数収録したスイート製品の最新版「ComponentOne Studio 2014J v2」を、9月16日に発売した。

 「ComponentOne Studio 2014J v2」に含まれる、Windowsフォームアプリケーション開発用スイート「ComponentOne Studio for WinForms」の最新版は、新たにタッチ操作対応ズーム機能コンポーネント「TouchToolkit」を搭載する。

 「TouchToolkit」のコントロールを、.NETフレームワークの標準コントロール、または「ComponentOne Studio for WinForms」で開発したアプリケーションに追加するだけで、タッチ対応OSとタッチ非対応OSの両方で快適に操作可能なズーム機能などを追加できる。また、ピンチズームやスワイプ、パンウィンドウ、拡大鏡といった、タッチ対応デバイスの操作をサポートする7種類のコントロールを収録する。

 このほか、「ComponentOne Studio for ASP.NET Wijmo」「ComponentOne Studio for WPF/ComponentOne Studio for Silverlight」「ComponentOne Studio for WinRT XAML」にも、それぞれ新たなコンポーネントを収録するとともに、機能追加を行っている。

 なお、「ComponentOne Studio」はサブスクリプション方式で販売しており、初回費用は「ComponentOne Studio Enterprise」が162000円、「ComponentOne Studio for WinForms」単体エディションが108000円(ともに税込)。1年単位の更新費用は、どちらも初回費用の40%。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング