近日リリース予定の「jQuery 3.0」は2種類のパッケージで提供

CodeZine / 2014年10月30日 13時0分

 The jQuery Foundationは、JavaScriptライブラリjQueryの最新版として、バージョン1.11.1の後継となる「jQuery Compat 3.0」、バージョン2.1.1の後継となる「jQuery 3.0」をリリースすることを、公式ブログの10月29日(現地時間)付けの投稿で発表した。

 jQueryは、WebブラウザのAPI互換性に対応すべく、2013年に互換性を最大限に重視したバージョン1.x系列と、Internet Explorer 8以前の古いブラウザをサポートしないバージョン2.x系列とに分かれている。

 ただし、1.x系列と2.x系列では、内部実装こそ異なるものの、APIとしての動作は同じであり、それは「jQuery Compat 3.0」と「jQuery 3.0」でも引き継がれる。

 なお、メインパッケージの「jQuery」は、最新バージョンおよび1つ前のバージョンのブラウザをサポートしており、対応ブラウザについてはシェアに応じて追加していく。また、「jQuery Compat」は、より幅広いブラウザに対応する一方で、ファイルサイズが大きく、パフォーマンスも「jQuery 3.0」に比べて劣るといった欠点もある。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング