Web開発のためのツール集の最新版「Bootstrap 3.3.0」リリース、「Bootstrap 4」も近日登場

CodeZine / 2014年10月30日 13時5分

 Bootstrap開発チームは、Webサイト/Webアプリケーション開発のためのフリーソフトウェアツール集の最新版「Bootstrap 3.3.0」を、10月29日(現地時間)にリリースした。

 前バージョンリリース以降に受けた、28のコントリビューターからの700を超えるコミットを元に、「Bootstrap 3.3.0」では、全般的なバグフィックスや、アクセシビリティの向上、ドキュメントの更新などを行っている。

 おもな変更点は以下の通り

より簡単なカスタマイズを可能にする変数の追加 わずかな変更の際のプログレスバー表示を削除 すべてのtranslate3dインスタンスの削除(パフォーマンスは向上したものの、クロスブラウザでのバグを含んでいるため) 近年のブラウザがサポートしているカルーセル表示のパフォーマンスを向上するtransformの追加 Normalize.cssとH5BPを最新のものに更新 ナビゲーションやパネル、ツールチップ、ボタンなどのアクセシビリティを向上 JavaScriptとドキュメントにおける不具合の解消  「Bootstrap 3.3.0」のリリースにともない、次世代バージョン「Bootstrap 4」の開発も開始されており、数週間以内に最初のアルファ版をリリースする。

 「Bootstrap 4」では、グリッドシステムへのハンドヘルド端末向け機能の搭載や、パネルやサムネイルなどを置き換える新たなコンポーネントの導入、新開発のよりシンプルなナビゲーションバー、Internet Explorer 8のサポート終了など、数多くの変更を予定している。

 なお、バージョン4のリリース以降も、数か月間はバージョン3系列のバグフィックスを提供していく。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング