コネクト、PHPアプリケーションサーバ「Zend Server 7 日本語版」を発売

CodeZine / 2014年11月11日 19時0分

 コネクトは、PHPアプリケーションサーバ「Zend Server 7 日本語版」を、11月11日に発売した。

 「Zend Server」シリーズは、PHP実行環境を大幅にアップグレードし、高速性/効率化/監視機能/管理機能などを独自に搭載し、エンタープライズ用途に対応している。

 最新の「Zend Server 7 日本語版」は、従来の「Zend Server」シリーズが培ってきた機能を継承するとともに、新たにPHP 5.5に対応し、運用するWebシステムに応じてPHP 5.5かPHP 5.4かを選択できる。さらに、新機能として、ツールバーからPHP実行環境の詳細情報が得られるPHP深層実行解析機能「Z-Ray」を搭載する。

 エディションは、PHPアプリケーションサーバとして最小限の機能に絞った「Zend Server SBE 日本語版」、各種キャッシュやJob QueueなどPHPに拡張性を持たせた高度なサーバ機能を備え、複数の「Zend Server」によってクラスタリングを構成可能な「Zend Server PE 日本語版」、Javaアプリケーションとの連携を低負荷で実現するJava Bridge機能など多角的なWebシステムを想定したハイエンド向けの「Zend Server EE 日本語版」の3種類を用意している。

 税別の年間ライセンス価格は、「Zend Server 7 Small Business Edition 日本語版」が300000円、「Zend Server 7 Professional Edition 日本語版」が600000円、「Zend Server 7 Enterprise Edition 日本語版」が1000000円。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング