プログラミング言語「Go 1.4」がリリース、Androidを正式にサポート

CodeZine / 2014年12月12日 12時55分

 米Googleは、プログラミング言語Goの5番目のメジャー安定リリースとして、「Go 1.4」を12月10日(現地時間)にリリースした。

 今回のリリースは、前回のメジャーリリースから6か月を経たもので、いくつかの仕様変更とともに、対応するOSやCPUアーキテクチャを拡大している。

 もっとも重要な変更点は、コアとgolang.org/x/mobileレポジトリにおけるAndroidの正式なサポートで、今回の正式サポートによって、Go言語だけで簡単なAndroidアプリが作れるようになった。現段階では、高レベルな開発に使えるライブラリはほとんどサポートしていないが、Go言語によるAndroidアプリ開発をいち早く楽しめる。

 言語仕様については、for-rangeループにおける文法を変更しており、「for range s {」の記述によって値やループインデックス、マップキーなどの定義なしでループできる。また、ソースコードを自動で作成可能なサブコマンドも新たに用意している。

 このほか、数多くの機能向上とバグフィックスが行われた。

 「Go 1.4」で作成したほとんどのプログラムは、前バージョンと同等かそれ以上の速度で動作する。ただし、一部のプログラムでは速度が低下する可能性もある。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング