開発者も聞いておきたい! 「UIデザイナー不要説について語る」イベントで飛び出したデザイナーの本音

CodeZine / 2015年1月9日 13時55分

セッションやパネルディスカッションの内容を即興で絵にしていく試みも行われていた

 2014年11月27日、UIデザイナーを対象とするトークイベント「UI Crunch #2」が、株式会社ディー・エヌ・エー社内のサクラカフェで開催された。本稿では会場で繰り広げられた、現場で活躍するUIデザイナーによるセッションやパネルディスカッションの模様をレポートする。

このイベントの模様は動画で視聴できます(要会員登録)。

【現役クリエイターから学ぶUIデザイン講座】UI Crunch #2 渋谷ヒカリエから生放送!

■反響を呼んだブログの問いかけがテーマに

 UI Crunchは、株式会社ディー・エヌ・エー(以降、DeNA)と株式会社グッドパッチが協同で設立した、「UIデザインに関わるすべての人のためのコミュニティ」である。「UIデザインを追求していくこと」を標榜し、デザイナー、エンジニア、ディレクターなどを対象にワークショップなどを開催している。

 UI Crunch #2は同コミュニティが開催する2回目のイベントで、「UIデザイナー不要説について語る」がテーマ。これは、この日のセッションでトップバッターを務めたKawakami氏が、2014年10月24日に公開したブログエントリ「UIデザイナー不要説」が大反響を呼んだことから選ばれたという。


Λ Structure Design Taiki Kawakami氏

 

 Λ Structure Designというブランドを立ち上げ、アプリのUIデザインなどを手がけているKawakami氏はセッションの中で、リターンが小さいことからUIデザインへの投資が行われにくく、そのためにUIデザインの重要性が認知されていないことを、現場の問題点として指摘。それに対する短期的な解決方法として、次の4つを挙げた。

革命 …… 社内にUIデザインの必要性を認知する 転職 …… UIデザインを重視する企業へ転職する 独立 …… 起業するまたはフリーランスになる 趣味 …… 仕事ではなく趣味でUIデザインを重視したものを作る  しかし「長期的には、UIデザインの重要性を啓蒙することが必要」であると強調。エンジニアがコードを公開して議論しているように、UIデザイナーもデザインコード(情報設計、ワイヤーフレーム、色計画など)を公開し、活発に議論しようと提案した。

 続く2人目のスピーカーには、株式会社nanapiでCCO/Designerを務める上谷真之氏が登壇した。


株式会社nanapi CCO/Designer 上谷真之氏

 

 上谷氏は「風呂場で考えるUIデザイナーの未来」と題したセッションの中で、次のような方法で思考のリフレ―ミングを行い、「UIデザイナーは何をする人か」を考えることを提案した。

こわす …… 組織や肩書きなどのバイアスを外す ならべる …… 1.の状態で、自分のキャリア、やりたいことを考える もどす …… 2.の状態で、自分本位に社会、組織、環境をどうアジャストするかを考える  さらに「誰かが決めたUIデザイナーという肩書きはいらない。自分がやりたいことをやろう」と自主性の重要さをアピール。最後に、デザインを楽しもうと会場のデザイナーに呼びかけた。



CodeZine

トピックスRSS

ランキング