スタイル一新! 今春マイナーチェンジ車を公開【レクサスRX450h新車情報】ジュネーブショー出展車【ニュース・トピックス:レクサス】

CORISM / 2012年3月10日 19時19分

レクサスRX

スポーティなF SPORTを追加し、より鮮明にアグレッシブなイメージを強調

 トヨタはジュネーブショーで、今春マイナーチェンジするレクサスRX450hを公開した。

 マイナーチェンジされたレクサスRXは、デザインをガラっと大幅に変更しての登場だ。とくに、フロントフェイスが大きく変化した。レクサスGSで採用された強烈な個性を放つスピンドルグリルをレクサスRXにも採用。どちらかといと、比較的スッキリ系だったマイナーチェンジ前モデルに比べて、攻撃的で力強さをアピールする顔となった。
 
 リヤビューは、画像で判断する限り大きな変更はあまりなくレンズ類の色味が変更されている程度。同様に、インテリアもステアリングセンターにあるレクサスロゴが大きくなったことが、すぐに分かる程度でこちらも大きな変更はないようだ。

 今回のマイナーチェンジで、レクサスRXには新たなグレードが加わる。他のレクサス車にもあるように、本格的スポーツグレードであるF SPORTの追加だ。F SPORT独自の内外装と専用スポーツサスペンションによるスポーティな走りをもつという。極上の乗り心地をもつバージョンLのエアサス仕様車とは、逆のポジショニングをもつグレード。そういう意味では、レクサスRXを選ぶ楽しさが増えてといえるだろう。そんなレクサスRX450h F SPORTの価格だ。マイナー前のベースグレードがAWDで570万円。レクサスGS450hのベース車が700万円に対して、F SPORTはプラス100万円の800万円となっている。そう考えると、670万円前後ということになるのだろうか。ちなみに、マイナー前のバージョンLエアサス仕様が650万円だ。

 さて、ハイブリッドモデルといえば、気になるのは燃費。マイナーチェンジで燃費向上はするのだろうか? そのあたりの動向にも期待は高まる。

【関連記事】

レクサスRXレクサスRXレクサスRXレクサスRXレクサスRXレクサスRXレクサスRX

この記事をCORISMで読む→

CORISM(コリズム)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング