セレナを超えた! ホンダ意地のクラスNO1低燃費ミニバンへ大変身【ホンダ ステップワゴン/スパーダ新車情報】【ニュース・トピックス:ホンダ】

CORISM / 2012年4月6日 12時40分

ホンダ ステップワゴン/スパーダ

ナンバー1にこだわるホンダと日産! マイナーチェンジでステップワゴンがクラスナンバー1を奪取!!

 ホンダは、クラス最大の室内空間やクラス唯一の3列目床下格納シートなどをウリとするホンダ「ステップ ワゴン」、「ステップ ワゴン スパーダ」のFF車に、新開発CVTやアイドリングストップシステムなどを全タイプに採用するなど、マイナーチェンジを実施。日産セレナを超えるクラストップの低燃費を実現。さらに、デザインをよりスタイリッシュにするとともに、スポーティーな装備を施した「ステップ ワゴン スパーダ Z・COOL SPIRIT(クールスピリット)」を新たに設定するなどし4月12日に発売する。また、4WD車の発売は5月を予定している。

 ホンダ ステップワゴンは2009年フルモデルチェンジ。ライバルであるトヨタ ノア/ヴォクシーや日産セレナと壮絶な販売合戦を繰り広げていた。しかし、日産セレナはモデル末期でありながら、フルモデルチェンジしたステップワゴンと互角の争いを展開した。危機感があったステップワゴンは、セレナのフルモデルチェンジ前に対抗策として2010年秋に魅力的な新グレードを追加するなどを試みる。そして、2010年11月に日産セレナがフルモデルチェンジして、新型となった。

 しかし、新型となったセレナは一部部品の納入が遅れ生産が思うようにできないというトラブルに見舞われる。2010年のミニバン販売台数ナンバー1を狙うための大きなハンデを負った。そんな中、着々と販売台数を伸ばしステップワゴンが2010年ミニバン販売台数ナンバー1を獲得した。

 その後は、部品供給の問題なくなったセレナは、大震災の影響も受けつつも着実にセールスを伸ばし、今や独走状態。2011年のミニバン販売台数ナンバー1はセレナが勝った。なぜ、ステップワゴンがセレナを独走状態にさせてしまったのか? その理由は、燃費。JC08モード燃費で、ステップワゴンが13.4km/Lに対して、セレナは14.6km/Lと10%近い差を付けていたからだ。また、いかにも燃費がよく感じられるアイドリングストップ機能の有無も理由のひとつと言われている。

 だが、そんなステップワゴンだが、ミニバン販売台数ナンバー1奪取を目指し、マイナーチェンジとは思えないほど力の入った新型ステップワゴンをデビューさせた。

 まずは、なんといっても新開発のCVT。走りと燃費を高次元で両立させる次世代革新技術「EARTH DREAMS TECHNOLOGY(アース・ドリームス・テクノロジー)」のひとつとしてデビュー。この新世代CVTは、アイドリングストップシステム対応型で、高効率電動オイルポンプなどを採用。燃費性能を向上させながら、変速やスロットル、油圧制御系を効果的に協調制御する「G-Design Shift」により、ドライバーの要求に素早く反応し、高く伸びのある加速Gを維持して、爽快でスポーティーなドライブフィールを実現したという。従来のCVTに対し約5%、同クラスの5ATに対して約10%の燃費向上を実現している。

 さらに、アイドリングストップシステムを全タイプに採用。空力性能の向上などにより、クラストップの低燃費とスムーズで気持ちの良い走りを両立した。燃費は、ステップ ワゴンのJC08モード燃費15.0km/L。ステップ ワゴン スパーダが14.8km/Lとなっている。セレナが14.6km/Lなので、まさに意地の燃費向上だ。さらに、ステップワゴンの場合、まだまだ伸びしろがあると思えることがある。今回のマイナーチェンジでは、エンジン本体での燃費向上方法に関しては触れられていないこと。そして、セレナが燃費向上に有効な直噴化しているのに、ステップワゴンは直噴化無しにクラストップの燃費を出しているからだ。エンジンが直噴化されれば、更なる燃費向上が予想できるだけに、本気になったホンダの技術は恐るべしといったところだろうか。

 こういった低燃費技術で、国土交通省「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」認定を取得(全タイプ)。国土交通省「平成27年度燃費基準+10%」を達成(全タイプ)。また、本年4月から施行された新エコカー減税においては、クラスで初めて全車が75%減税に適合した。

燃費だけでなく、基本的な安全性能も向上したステップワゴン

CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング