日産シルフィ新車情報・購入ガイド 売れないはずのセダンが売れている!ブルーバードの名が無くなったから? シルフィを評価する!【ニュース・トピックス:日産】

CORISM / 2013年1月20日 18時35分

新型日産シルフィ

売れないはずのセダンが売れた!  セダン、ナンバー1の座を奪取!!

 2012年12月5日にデビューしたばかりの日産シルフィが売れている。

 CORISMでも再三レポートしている通り、セダンマーケットは壊滅状態で、調子がいいのは輸入車くらいという状態だ。このクラスの全体需要は、5万台/年を割り込み、そのほとんどがトヨタ プレミオ&アリオンが占めるという状態だ。日産シルフィのシェアは2011年でわずか11%だという。月間販売台数は、500台を大きく割り込む状態。

 そんなシルフィだったのだが、フルモデルチェンジ直後とはいえ、12月の日産シルフィの登録台数は、なんと2,372台。目標販売台数が600台/月なので、約4倍という実績を叩きだしたのだ。それも、12月は自動車販売業界において、超閑散期。年に1番クルマが売れない月なのに、この販売台数は驚きである。

 自販連の発表による12月の販売台数ランキングで、日産シルフィは19位。18位がトヨタ ヴォクシー、19位はマツダCX-5と人気車が前後に名を連ねる。なんと、セダンというジャンルでみると1位なのだ。

 ライバルのプレミオ/アリオンは、シルフィ対策で燃費をアップし一部改良したものの30位以内にもランクインしていない。30位には、ひとクラス上のマークXが1,403台となっている。

<ライバルセダン、トヨタ プレミオ アリオン新車情報・購入ガイド>
トヨタ プレミオ/アリオン新車情報
日産シルフィには、燃費で差をつけろ! ライバル登場で一部改良したが、安全装備は進化せず。

売れている理由は? ブルーバードの名が無くなったこと? ワイド&ローの美しいプロポーション+LEDランプ効果か?

 日産シルフィが最も評価されているポイントは「デザイン」。インテリアの質感の高さや広さといった点もあるが、これらは旧型シルフィでも同じ。つまり、シルフィの購入ユーザーは、このスタイルがカッコイイと評価しているのである。

 デザインが評価されるのには、理由がある。シルフィは、インテリアのスペースは前モデルとあまり変化はないが、ボディサイズが若干異なる。全長は4615mmと前モデル比+5mm程度だが、全高は-15mmと大きく下がった。全幅は、いわゆる5ナンバーサイズである1695mmから、65mmワイド化し1760mmとなっている。全高が下がり、全幅が広がった。カッコイイクルマの表現としてよく使われるワイド&ローなスタイルになったのだ。人気セダンであるBMW3シリーズやメルセデス・ベンツCクラスなどのプロポーションに近づいた。

 カッコ良く見えるプロポーションになったことに加え、ヘッドランプ内には、6連のLEDクリアランスランプが装備されたこともヒットの要因だろう。LEDを使ったフェイスまわりのデザインは、欧州車を中心に最新のトレンド。このLEDを使ったフェイスメイクは、個性と同時に高級感をアップさせる。さらに、リヤのランプには15個ものLEDが配置され、後ろ姿も個性的になった。

 このように、ひと目で分かるオリジナリティの向上が日産シルフィが評価された要因だ。似たような傾向にあるのが、マツダ アテンザだ。当初、セダンよりワゴンが売れるのでは? と、みられていたが、約54%がセダンとなっている。アテンザもスタイリッシュなスタイルをウリとするクルマだ。つまり、スタイルが魅力的なら、セダンでもまだまだ売れるということなのだろう。

 また、営業面ではブルーバードの名が無くなったことも効果があったようだ。新聞やTVの報道では、ブルーバードの歴史ある名が無くなったことに対して残念だ、という論調が多かったが、顧客や営業面ではプラスの効果を生み出した。

 ブルーバードの名は、古き日産のヒエラルキーを象徴する車名だからだ。サニー、ブルーバード、ローレル、セドリックなどという階級が、多くの顧客に妙なステイタスを感じさせる。すでに、会社の役職や年齢などと並行してクルマのクラスを上げ、自らのステイタスを表現する時代ではない。そのイメージを感じさせるブルーバードの名は、歴史こそあるものの、実際に購入を考える顧客に対しては、マイナスのイメージが強かったようだ。

日産シルフィの売れ筋&購入ガイド

CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング