売れる最後のロータリーモデル特別仕様車。1000台増産決定!!【マツダRX-8 SPIRIT R新車情報】【ニュース・トピックス:マツダ】

CORISM / 2012年4月30日 19時19分

マツダRX-8 SPIRIT R

1000台増産は、マツダファンからのロータリーを作り続けたマツダへのボーナス? 

 マツダは、ロータリーエンジンを搭載する4ドアスポーツカー「マツダ RX-8」の最後の特別仕様『SPIRIT R』について、販売計画台数1,000台を超える受注を得たため1,000台の追加生産を決めた。

 この特別仕様車は、ロータリーエンジン車ユーザーやスポーツカーファンをはじめ、幅広い年齢層から指示を得た。最も人気の高いモデルは、6MT車で、エアロパーツやビルシュタイン社製ダンパーを装備し、特別仕様車専用のRECARO社製バケットシートやブロンズ塗装の19インチ鍛造アルミホイールなどを装着。このモデルの販売構成比は「RX-8」全体の66%にもなる。

 また、ボディカラーについては、全3色(アルミニウムメタリック、スパークリングブラックマイカ、クリスタルホワイトパールマイカ)がほぼ同じ販売構成比となっている。

 RX-8は、2003年4月に発売され2012年3月末までに192,094台(海外向け含む)を生産したマツダを代表するスポーツカー。ロータリーエンジンは、燃費が悪く最近の環境対応の難しさから2012年6月に生産を中止する計画だ。

 世界にマツダだけがもつ、ロータリーエンジンを搭載した最後のモデルが生産中止。そのインパクトは多くのスポーツカーマニアの心を動かしたのだろう。そのため、1000台生産予定の特別仕様車は、生産中止を前に完売し、増産が決まった。

 マツダの2012年3月期の決算は、1077億円の赤字。4年連続の赤字決算となっている。マツダは国内生産比率が高く、円高に苦しんだ年でもある。そんな中、わずか1000台とはいえ、比較的収益率の高く、円高に関係のない国内用RX-8の増産は、マツダにとって新年度への復活の追い風ともいえる。また、その名が消えるRX-8の最後の親孝行ともいえ、それはマツダファンからマツダへのボーナスのようなものだろうか。

★マツダRX-8 RX-8 SPIRIT Rの詳細情報はコチラ
ロータリーエンジン最後の特別仕様車【マツダRX-8 SPIRIT R新車情報】

【関連記事】

この記事をCORISMで読む→

CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング