老若男女が人生を楽しめるミニの魅力が、さらに増大!【ミニ ロードスター/クーペ試乗記】【レビュー:ミニ】

CORISM / 2012年5月4日 10時10分

ミニ ロードスター/クーペ

仲の良い二人なら、心地良いタイトな空間もミニならでは

 映画には、名車が登場する事が多い。007シリーズには必ず車が登場し、パートナーとして脇を固める。Mr.ビーンの愛車ミニは、笑いを誘う名優である。ミニが主役と登場する1969年制作のミニミニ大作戦(The Italian Job)は私が大好きな映画の一つである。トリノの街中を400万ドルの金塊を積んだミニのカーチェイスは楽しく、素晴らしく、そしてユーモアもありミニの魅力が溢れ、ミニでないと成り立たない映画である。その後、リメイク版が2003年に制作されBMWミニが登場しているが、残念ながらミニは名優で無かった(日本の試写会場にセクシーな衣装を着て登場したシャリーリーズ・セロンは素敵であった)

 そんな愛くるしいミニも、BMWが造るようになってから、ボディサイズが大きくなり昔の愛くるしいミニのイメージを引きずっている私としてはやや否定的である。しかし、クルマとしては飛躍的に進歩して「名前がミニでなければ、、、」とも思っている。昔のミニを知らない若い人達には、現在のスタイルが好評のようである。ノーマルボディより全長が20cmも延長したクラブマン、更に4輪駆動で全長4.12m、全幅1.79mのクロスオーバーも登場し、今回の試乗は新たに追加されたクーペとロードスターだ。

 試乗会で出会ったクーペ及びロードスターは、私の古いミニのイメージを吹き飛ばすには十分カッコ良かった。Aピーラーを寝かせて、ルーフを乗せたようなようなクーペの斬新なデザイン。キャビンは小さくスポーティ、どの角度から見てもミニでありながら、ミニとは違った一段と洗練されたクールなスタイルだ。ポルシェのように、80km/hを超えるとトランクリッドから上昇するリヤスポイラーは、収納状態でも存在感があり、全体に派手であるが気品を感じるのは何故なんだろうか。

 ロードスターの幌もコンパクトなスタイルにはマッチしている。幌のスタイルは渋く、クーペより大人のクルマの雰囲気があり仕立ての良いスーツでもカジュアルな服装の男性のどちらでも似合いそうである。

 魅力的なインテリアは、クーペになっても変わらない。スイッチ類は、機能よりデザインが優先されても許せてしまうのもミニだからだろう。キャビンは2シーターとなり、ハッチバックに比べてルーフが低く室内のエアーが少なく感じる。一人では十二分の広さであり、仲の良い二人なら共有する空気が心地良いだろう。

 ロードスターの撮影の時に、幌を開けようとスイッチを探してみるが見付からず困惑した。何と手動だったのであるが、簡単に開閉出来る幌、そして軽量、安価であると、肯定的に考えられるのもミニだからだ。

どのグレードを選んでも、走りは本格派

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング