豪華系クロスオーバー車をスポーティに変身させるMスポーツパッケージが追加【BMW 5シリーズ グランツーリスモ新車情報】【ニュース・トピックス:BMW】

CORISM / 2012年5月7日 8時8分

BMW 5シリーズ グランツーリスモ

独自の価値観をもつ高級車をスポーティにイメチェンさせるオプション、Mスポーツパッケージ

 BMWは、セダンとワゴンやSUVなどの機能をクロスオーバーさせたSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)の「BMWグランツーリスモ」に、ダイナミックな走りとスタイリングをさらに際立たせる人気のオプション・パッケージ「M Sport(エム・スポーツ)パッケージ」を新たに設定した。納車は、2012年8月以降を予定している。

 BMW 5シリーズ グランツーリスモは、ライナップ上5シリーズの一部として分類されている。しかし、プラットフォームは7シリーズのものを使用。3070mmという3mを超える長いロングホイールベースを持ち、後席のスペースは、まさにファーストクラスと思えるほど豪華で快適なスペースを確保しているのが特徴だ。

 全体的なデザインは、セダンとSUVをクロスオーバーさせたもの。セダンよりも少々背の高い5ドアHB的だ。ラゲッジスペースも広い。使い勝手や乗り心地、室内スペースと、いいとこ取りなBMWグランツーリスモ。だが、良くも悪くも分かりにくい存在。さらに、550iになると1100万円をオーバーするなど、さすがに数を売るクルマではないのが現状だ。

 今回のMスポーツパッケージの追加は、エアロパーツ好きの日本マーケットを意識したもの。335iグランツーリスモには、Mスポーツ専用サスペンションも装備されている。少々背が高いグランツーリスモが、エアロパーツなどの装備によりシャープな印象に見えるようになった。

 非常に高級なモデルだが、日本では少々人気が低迷。中古車マーケットでは、とても買い得感があるが、新車購入の場合、他のBMWほど高いリセールバリューは期待できない。新車で購入する場合、乗りつぶすつタイプの人に合う。

 また、BMW 535iグランツーリスモは「平成27 年度燃費基準」および「平成17 年排ガス基準75%低減レベル(★★★★低排出ガス車)」を達成。エコカー減税により自動車取得税および重量税が約50%減税、自動車グリーン税制により登録翌年度の自動車税が約25%減税、かつエコカー補助金の対象モデルになっている。

<BMW5シリーズグランツーリスモ価格>
・535i Gran Turismo 8,780,000円
・550i Gran Turismo 11,140,000円
・550i xDrive Gran Turismo 11,320,000円

<M Sport パッケージ価格>
・BMW 535i Gran Turismo  520,000円
・BMW 550i Gran Turismo/550i xDrive Gran Turismo  405,000円

<M Sport パッケージ装備内容>
●M エアロダイナミクス・パッケージ
(フロント・エプロン、サイド・スカート、リヤ・スカート)
●M スポーツ・サスペンション
※550i グランツーリスモ、550i xDrive グランツーリスモには、アダプティブ・ドライブが標準装備。
●BMW Individual ハイグロス・シャドー・ライン
(ブラック・サイド・ウインドー・フレーム・モールディング〔光沢仕上げ〕)
●M ライト・アロイ・ホイール・Vスポーク・スタイリング302M
(フロント)8.5J×19ホイール+245/45R19タイヤ、
(リヤ)9.5J×19ホイール+275/40R19タイヤ
〔ランフラット・タイヤ〕
※スノー・チェーンは装着不可。
※M ライト・アロイ・ホイール・ダブルスポーク・スタイリング303Mもオプション設定可能。(スノー・チェーンは装着不可)
●デュアル・エキゾースト・テールパイプ(ダーク・クローム仕上げ)
●マルチファンクション M スポーツ・レザー・ステアリング・ホイール
●スポーツ・シート(運転席&助手席)
●アッシュ・グレイン・アンソラジット・ウッド・インテリア・トリム
※アッシュ・ウッド・インテリア・トリム、アッシュ・グレイン・ハイグロス・ウッド・インテリア・トリム、ファインライン・ナチュラル・ウッド・インテリア・トリムもオプションで設定可能。
●BMW Individual アンソラジット・ルーフ・ライニング
●ドア・シル・プレート(Mロゴ付)
●M フット・レスト
※550i xDrive グランツーリスモにのみ設定。

【関連記事】

この記事をCORISMで読む→

CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング