フルモデルチェンジはまだまだ先? マイナーチェンジで精悍さ大幅アップ!【トヨタ エスティマ/エスティマハイブリッド新車情報】【ニュース・トピックス:トヨタ】

CORISM / 2012年5月10日 7時7分

トヨタ エスティマ/エスティマハイブリッド

エアロモデル「アエラス」をより攻撃的にモディファイしたマイナーチェンジ

 トヨタは、エスティマ、エスティマハイブリッドをマイナーチェンジし発売を開始した。今回のマイナーチェンジは、スポーティグレード「アエラス」を中心に、内外装の意匠変更を実施。また、エスティマハイブリッドにスポーティなエアロパーツなどを装着した「アエラス」を新たに設定し、ラインアップを充実させている。

 アエラスの外観は、フロントグリル・バンパーのデザイン変更に加え、ヘッドランプ、リヤコンビネーションランプの色味を変更した。足まわりは、専用18インチアルミホイールの採用により、スポーティなイメージをより高めた仕様となっている。とくに、ボディサイドで縦に大きく開いたエアダクト風のデザインは、洗練されたスポーティスタイルだった前モデルよりも、まったく逆のワイルドなイマージでまとめられている。ダクト内に設置されたフォグランプも、背の高いミニバンを視覚的に重心を下げワイルドに見せている。

 また、「G」、「X」グレードののアルミホイールを新デザインとし、エスティマハイブリッド全車にハイブリッド専用のリヤエンブレムを採用している。

 外板色は、新色のグレイッシュブルーマイカメタリック、アイスチタニウムマイカメタリックを含む全6色を設定。

 インテリアは、内装・シート色にスポーティな印象のブラックと上品な新色シェルの2色を採用。インパネやフロントのドアアームレストにサテン調シルバー加飾モールを追加した。また、センタークラスターやステアリングなどのパネル色をブラックメタリックとするとともに、「G」、「アエラス“レザーパッケージ”」に深みのある木目調加飾を採用した。

 装備も他のライバルミニバンなどと同様に、高級さをアップさせている。「G」および「アエラス“レザーパッケージ”」、ハイブリッド全車に、エアコンからナノイーを放出し、紫外線を約99%カットするスーパーUVカットガラス(フロントガラス)を採用し快適性をアップした。

 また、「アエラス」にデュアルパワースライドドアとロングスライドコンソールボックスを、「G」にパワーバックドアを追加設定し利便性を高めた。

 安全面においては、3.5L車にS-VSC(横滑り防止装置)が標準装備となった。

 エスティマは、2006年にフルモデルチェンジして以来、すでに6年が経過している。通常、6年だとそろそろフルモデルチェンジの時期にあたる。だが、今回のマイナーチェンジでは、主に外観の変更だが、大幅にイメチェンしていることからも、モデルライフはさらに長くなりそうな予感だ。そういう意味では、そろそろかと次期新型エスティマに期待していた人には、ある意味残念なマイナーチェンジだったかもしれない。

 このマイナーチェンジで、若干、価格がアップしている。装備が良くなっているモデルもあるが、6年を超えるモデル末期で部品類のコストダウンも進んでいるはずなので、せめて価格据え置きで頑張ってほしかった。人気モデルゆえ、高くてしても売れるということもあるが、次期モデルはもっと価格を上げらても大丈夫という狙いも感じられる。

<トヨタ エスティマ価格>
X 8人乗り 2.4L 2,750,000円
アエラス 8人乗り 2.4L  2,970,000円
G  7人乗り 2.4L 3,240,000円
アエラス 8人乗り 3.5L 3,423,000円
G 7人乗り 3.5L 3,693,000円

<トヨタ エスティマハイブリッド価格>
X 8人乗り 3,790,000円
アエラス 8人乗り 4,022,000円
G 7人乗り 5,047,000円

【関連記事】

トヨタ エスティマ/エスティマハイブリッドトヨタ エスティマ/エスティマハイブリッドトヨタ エスティマ/エスティマハイブリッドトヨタ エスティマ/エスティマハイブリッドトヨタ エスティマ/エスティマハイブリッドトヨタ エスティマ/エスティマハイブリッド

この記事をCORISMで読む→

CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング