日産セレナ/トヨタ ノア・ヴォクシー/ホンダ ステップワゴン 【松下 宏の5ナンバーミニバンは、コレを買え! 新車比較評価】日産セレナがイチオシ! 夏にはハイブリッド車も投入か?【特集・コラム:生活・文化】

CORISM / 2012年6月10日 12時12分

日産セレナ

人気の高いジャンルだけに、各社が競い合いクルマは常に進化

 軽自動車とコンパクトと並び、日本で良く売れているクルマが5ナンバーサイズを基本としたハイト系の小型ミニバンだ。このジャンルにはノア/ヴォククシー、セレナ、ステップワゴンが三強として存在する。

 ほぼ5ナンバー級のボディを持つ3列シートミニバンでも、ウィッシュやストリーム、ラフェスタ/プレマシーなどの全高を抑えたタイプはハイト系に比べるとやや人気がない。ミニバンを買うユーザーは背の高さによる室内の広さを求めるようだ。

 ミニバンの三強は、モデルサイクルに違いがあり、ノア/ヴォククシーは2007年6月に登場し、最近では2010年4月に改良を受けている。ステップワゴンの現行モデルは2009年10月に発売され、2011年8月と2012年4月に改良を受けている。セレナは2010年11月に発売され、まだ大きな改良を受けていない。

 最近話題の燃費は、当初バルブマチックエンジンを搭載したノア/ヴォククシーがトップを走っていたが、現行ステップワゴンが発売時にエンジンの改良とCVTの採用などで追いつき、それをノア/ヴォククシーが改良で再び上回る。その後、セレナがアイドリングストップ機構の装着などで首位を奪取し、ステップワゴンが今年の改良でアイドリングストップ機構の採用などによって追い越すといった具合に、抜きつ抜かれつのオーバーテイク合戦が繰り広げられてきた。

今のところクラス、ナンバー1燃費のホンダ ステップワゴン。しかし、背後にセレナ ハイブリッドの影が迫る?

 比較的ボディが大きくて重いミニバンでも、最近では10・15モードで15km/L(JC08モードでは14km/L)前後の燃費が常識になりつつある。ミニバンのユーザーは、それほど燃費を意識しないという説もあるが、燃費が良いのに越したことはない。だからこそ、メーカー各社は燃費合戦を繰り広げている。

 現時点では、燃費ではステップワゴンが最も有利で、セレナがあまりが差のない2位といった感じ。ここにきてノア/ヴォククシーはやや離された感がある。アイドリングストップ機構がないことの不利が表面化している。

 さらに、今年の秋前にはセレナにハイブリッド車が設定されるとの情報があり、さらに燃費向上が見込まれる。ハイブリッド車は価格が高くなるので燃費向上分では価格アップ分を取り戻せないのが普通だが、エコカー減税などの面で有利になる部分があるし、ハイブリッド車に乗る満足感もあるので、見逃せない存在になるだろう。

安全装備で不利なトヨタ ヴォクシー&ノア

CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング