【ホンダ フィットEV新車情報】 今、最も長く走ることができる電気自動車【ニュース・トピックス:ホンダ】

CORISM / 2012年6月12日 8時8分

ホンダ フィットEV

高効率のホンダ フィットEV。今、最も長く走れる電気自動車だ

 ホンダは、20112年夏発売予定の「フィットEV」が米国環境保護庁(EPA)から、交流電力消費率(電費)29kWh/100マイル、ガソリン等価換算燃費で118MPGeという、電気自動車として米国最高の電費性能の認可を取得したことを発表した。

フィットEVは、高効率な電動パワートレインと20kWhのリチウムイオンバッテリーにより、82マイルという実用航続距離を実現している。

 他社のEVと比較すると、電池容量は日産リーフが24kwh、三菱アイ・ミーブが16kwhとなっていて、フィットEVはその中間に位置するリチウムイオン電池を搭載する。この3車種、リーフは3ナンバーを超える5ドアHB、フィットEVはコンパクトカー、三菱アイ・ミーブは軽自動車と絶妙にクルマのサイズが違うので、搭載される電池容量も車両サイズと同様に違うことになる。

 ただし、実際の航続距離は、電池容量と比例しない。ホンダの発表による米国EPA値では、フィットEVは82マイル(約132km)、日産リーフは73マイル(約118km)、三菱アイ・ミーブは62マイル(約100km)という数値になり、リーフを超える航続距離を達成している。

 搭載されるリチウムイオン電池は、東芝製で最高出力92kW、最大トルク256N・m(26.1kgf・m)をアウトプットするモーターと組み合わされる。トルクをベースにすると、パワフルな2.5Lエンジンがフィットのボディに搭載されているイメージだ。最高速は時速90マイル(時速144km)になる。

フィットEVは、米国カリフォルニア州とオレゴン州で2012年夏、東海岸地区で2013年からリース販売を開始する予定。日本では2012年夏にリース販売を開始する予定だ。

 ちなみに、米国でフィットEVは、3年間389ドル/月でリースされるという。1ドル80円換算なら、31,120円/月、3年で約112万円という激安のリース料になる。日本でのリース料が、一体いくらになるのかにも注目したい。

 また、前回のリリースでは3年間で約1,100台の販売を計画という数値からみても、直近で日産リーフや三菱アイ・ミーブのように一般ユーザーが普通に買えるようになるには、まだまだ先とみられる。

 2012年には、トヨタがiQをベースとしたEVの発売を予定しているなど、ついにトヨタとホンダが相次いでEVをマーケットに投入する。

 充電口の規格であるチャデモとコンボの争いも見据えながら、2012年はEV関連の覇権を賭けた戦いが本格化しそうな予感だ。

★2011年11月時点でのフィットEV詳細情報
世界最高の電費性能をもつEV【ホンダ フィットEV新車情報】

★EV充電方法で、日本 VS 欧州&アメリカ連合の様相
電気自動車(EV)の主導権争奪戦「チャデモvsコンボ」日欧自動車メーカーの標準化覇権争いが勃発した!!

★2012年登場予定、トヨタiQベースのEV
現実化してきたトヨタの近距離用EV、世界初公開【トヨタFT-EV 3】

■フィットEV(北米仕様)の主要諸元
乗車定員 5名
モーター ギアボックス同軸モーター
モーター最高出力/最大トルク 92kW/256N・m(26.1kgf・m)
航続走行距離 82マイル(Combined city/hwy:adjusted)
最高速度 時速90マイル(時速144km)
バッテリー 20kWhリチウムイオンバッテリー(東芝製 床下搭載)
バッテリー最高出力 100kW
交流電力消費率
(ガソリン等価換算燃費) 29kWh/100マイル(118MPGe)
(Combined city/hwy:adjusted)
充電時間 120V=15時間以下 240V=3時間以下

【関連記事】

この記事をCORISMで読む→

CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング