日産保管庫はやっぱりGT-Rの聖地!? (ケンメリ・スカイラインGT-R編~日産ヘリテージコレクション探訪記その1)【特集・コラム:エンタメ】

CORISM / 2012年7月24日 7時7分

ケンメリ・スカイラインGT-R

トヨタ、ホンダ、スズキファンは恵まれてる!?日産ファンの聖地はWeb上?

 世は博物館めぐりブームとか。クルマ好きにも博物館めぐりしやすい環境が整ってきて、最近は自動車メーカーが運営している博物館も多くなっています。

 ホンダが栃木県のツインリンクもてぎ内で運営する「ホンダ・コレクションホール」、トヨタが愛知県長久手町で運営する「トヨタ博物館」、スズキが静岡県浜松市で運営する「スズキ歴史館」など各メーカーの特色あふれる博物館が各地に開設されています。

 そんな中、大手メーカーの中で見学しやすい博物館を唯一持ってないのが日産。場所の問題や採算の問題などいろいろあるのでしょうが、ぜひ土・日にも見学できる立派な博物館を造ってほしいと思います。

 とはいえ、日産も過去に創りだした名車を大事に保管している点では他のメーカーと一緒。「日産ヘリテージコレクション」という名前で約400台を保存し、イベントの時などにそこの車両を使ったりしているそうです。保存車両の詳しい内容は「日産ヘリテージコレクション・オンライン」というWebサイトで公開されていますので、ぜひ一度ご覧あれ。

 今回は日産さんのご好意で、その「日産ヘリテージコレクション」を特別に取材させていただきましたので、その探訪記をお伝えします。

日産保管庫で「幻のGT-R」実車と遭遇!やっぱりリアルはイイ!

 さて、日産の代表車種の一つとしてまっ先に名が挙がるのはなんといってもGT-R。現行のモデルは「ニッサンGT-R」ですが、それまでは「スカイラインGT-R」としてレースで大活躍し、多くの車好きのあこがれの車種となったものです。

 「スカイラインGT-R」は3、4代目と8~10代目の全5代で設定されましたが、実はその中で唯一レースに出場したことのないGT-Rがあります。それが4代目、通称「ケンメリ」と称されるC110型のスカイラインGT-R。

 排出ガス規制が厳しくなった1973年にデビューしたこのクルマは、日産が環境対策に力を注ぐことを優先させレース活動を一時休止したためレースで走ることなく、また販売もわずか4ヶ月で打ち切られてしまった「幻のGT-R」なのです。

 今回お邪魔した「日産ヘリテージコレクション」の車両保管庫にはそのケンメリ・スカイラインGT-Rがショーカーも含めてなんと3台も保管されていました。総販売台数197台と言われるこの車を3台もまとめて見られる機会はなかなかないもの。GT-R好きにはたまらない場所ではないでしょうか?

197台のうち赤は何台・・・?幻の中の幻のGT-Rは必見!?

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング