日産エクストレイル新車情報 ライバル、マツダCX-5登場で、SUVナンバー1の反撃開始 【ニュース・トピックス:日産】

CORISM / 2012年7月20日 8時8分

日産エクストレイル

買い得感をアピールする特別仕様車

 日産は、2012年上半期(1~6月)SUV販売台数ナンバー1となった「エクストレイル」に特別仕様車「20Stt」「20Xtt」を設定し発売を開始した。

 エクストレイルは、日本マーケットに合った適度なボディサイズと価格、広く使いやすいラゲッジスペース、防水シートなどで人気のモデル。2007年8月にデビューしたエクストレイルは、6年目を迎えモデル末期に入ってきたものの、SUV販売台数ナンバー1はさすがといえる。

 また、SKYACTIV技術で低燃費&クリーンディーゼルエンジンを搭載し、話題になったマツダCX-5だが、クリーンディーゼルをマツダよりも約1年半も前に国内に投入したのは、日産エクストレイルである。ただし、約318万円という高価な価格のため、あまり売れなかったが、日産の技術力をアピールした。

 今回、エクストレイルに特別仕様車として、「20Stt」(4WD)、「20Xtt」(2WD/4WD)を設定。同時に、クリーンディーゼル「20GT」の仕様を向上。

 「20Stt」は、インテリジェントキーやエンジンイモビライザー、フロントバンパー組込みハロゲンフォグランプ、ASCD(オートスピードコントロール装置)などを標準装備。
 
 「20Xtt」は、ASCDとフロントバンパー組込みハロゲンフォグランプに加えて、キセノンヘッドランプや18インチタイヤ、アルミホイールも標準装備とし、利便性を向上させながら、より精悍なエクステリアとした。

 「20Stt」、「20Xtt」とも装備を大きく充実させながら、リーズナブルな価格設定としたという。


 また、クリーンディーゼル「20GT」には、マーケットからの要望が多かった防水シートや全席ヒーター付シート(後席中央を除く)に加え、後席にはリラックスヘッドレストを標準装備した。

 この特別仕様車の発売にあわせ、エクストレイルのグレード体系が見直されている。

 こういったお買い得感をアピールする特別仕様車が出る背景には、やはりSKYACTIVという低燃費技術を武器にデビューしたマツダCX-5の存在がある。日産エクストレイルは、デビューからすでに6年目。燃費性能やハード面を、最新のマツダCX-5と比べられると、さすがに分が悪い。対して、CX-5は商品力を武器に、マツダ車としては珍しく値引き額を引き締めているという。そのため、古さが気になるエクストレイルが勝負するために、必要な武器は価格。装備を向上させることで、CX-5より買い得感を高める作戦だ。

 全体的に、日産エクストレイル「20Stt」、「20Xtt」ともお買い得感は高い。ただし、10・15モード燃費が「20Xtt」で13.2km/L。対して、マツダCX-5の20Sの燃費17.0km/L。これだけ違うと、燃料費も大きく変わってくるだろう。

 エクストレイルとCX-5を比較する場合、やはり支払総額などで、エクストレイルがどれだけ安くなるかが判断基準になる。また、短期で乗り換えるタイプの人だと、3年以内にモデルチェンジされる確率がかなり高いエクストレイルと、3年では間違いなくモデルチェンジされないCX-5とでは、現行車に乗っているという満足感も違うだろう。選択肢が少ないクラスだけに、エクストレイルを買う場合、必ずマツダCX-5と競合させることをオススメする。

<日産エクストレイル価格>

・2WD
20Xtt 2,286,900円
・4WD
20S 2,190,300円
20Stt 2,264,850円
20X 2,449,650円
20Xtt 2,496,900円
25X 2,607,150円
20GT 6AT 3,176,250円
20GT 6MT 3,123,750円

より本格的なオフローダー、エクストリーマーXにも特別仕様車20Xttが追加

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング