新型ダイハツ ムーヴ カスタム新車試乗評価 スマートアシストを試乗評価【レビュー:ダイハツ】

CORISM / 2013年1月2日 18時30分

ダイハツ ムーヴ スマートアシスト

安全装備の価格破壊を起こしたスマートアシスト。ウッカリ追突を防ぐ低速域衝突回避支援ブレーキ機能を試す!

 大幅なマイナーチェンジを施し、クラス最高燃費である29.0km/Lを達成した新型ダイハツムーヴとムーヴ カスタム。クローズドの特設コースで、ムーヴのウリでもあるスマートアシストや運動性能などの試乗ができたのでレポートしよう。

 まずは、一部グレードを除き5万円という低価格で装着できる衝突回避支援システムである「スマートアシストアシスト」をチェックする。以前のムーヴでは、横滑り防止装置(VSC)でさえ63,000円していた。スマートアシストは、横滑り防止装置の機能をベースとした延長線上にある機能なので、いかにダイハツが戦略的な価格を打って出たかが分かる。まさに、スマートアシストは、安全装備の価格破壊を起こしたといえる。

 最初に試乗したのは、低速域衝突回避支援ブレーキ機能。約20km/hまで加速し、アクセルをオフ。ブレーキを踏まずに、ひたすら壁に向かう。止まると分かっていても、不安はつのる。感覚的には「もう、ヤバイって!」と感じるくらいに接近してから警報、その警報を無視したほぼ直後に緊急自動ブレーキがかかり、見事に衝突を回避した。

 この機能の作動感覚などは、149万円という低価格でデビューしたフォルクスワーゲンup! のシティエマージェンシーブレーキとほぼ同じ。同じ、レーザーレーダーを使った方式だ。ムーヴの場合、グリル内にレーザーレーダーを搭載し約4~30km/hでの走行中に前方を監視。相対速度が約20km/h以下の場合、衝突を回避し、約20~30km/hの場合は被害軽減を支援する。

 ただ、このシステムは、赤外線レーダーのみなので、すべてにおいて万能というワケではない。天候にも左右され、雨が強い場合は精度が落ちる。誤作動などのリスク回避のために、機能がオフになることもある。衝突する対象物は、基本的に車両。ただし、レーザーレーダーなので、カメラタイプとは違い人や二輪車などを認識していないが、場合により衝突回避支援ブレーキ機能が作動することもある。

<ムーヴの永遠のライバル? スズキ ワゴンR/ワゴンRスティングレー試乗評価>
スズキ ワゴンR/ワゴンRスティングレー新車試乗記 スズキの危機感が高めたワゴンR史上、最高の完成度!

<デザインで差をつけろ! ムーヴの新ライバル ホンダN-ONE試乗評価記>
ホンダN-ONE試乗評価 元F1エンジニア渾身の軽を超えた軽自動車!!

スマートアシスト 低速域衝突回避支援ブレーキ解説動画

社会貢献的意味合いも大きい、誤発進抑制制御

 また、もうひとつの機能として注目されるのが、誤発進抑制制御だ。いわゆるアクセルとブレーキの踏み間違えだ。踏み間違え事故は、大きな死亡事故にもなっていて、テレビや新聞などで大々的に報じられることも多い。とくに、免許取りたてのビギナーから、高齢者まで幅広い顧客に乗られる軽自動車にとっては、悲惨な事故軽減という大きな役割を果たす装備だ。

 この機能は、停車中もしくは約10km/h以下での走行中に、前方4m以内に障害物がある場合に作動する。踏み間違え時のように、必要以上にアクセルが踏み込まれたとシステムが判断すると、警告音などでドライバーに警告。エンジン出力を抑制し、発進をゆるやかにする。

 試乗コースでは、コンビニやファミレスなどの駐車場にある車止めが用意されており、数メートル前方は壁で停止状態からのテスト。この状態で、アクセル全開。警告音が響く中、わずかなパワーで、クルマを前に進めようとするが、車止めを超えるような力はない。この状態は、約8秒間継続される。

 多くの踏み違えユーザーは、自分が間違った操作をしたという認識がない場合が多いという。アクセルを踏みつけているのにもかかわらず「私はブレーキを踏んでいるのに、なんで止まらないの?」と、さらにアクセルを踏み続け重大事故になるという。

 他の誤発進抑制制御も同じなのだが、ドライバーへは警告音とメーターの表示のみ。クルマには多くの警告音があるため、何の警告音か分からないケースが多い。警告音は時に、焦りを生み、的確な操作を妨げる可能性も考えられる。こういった緊急時には、正しい操作にスグに戻れるように、音声で「踏み間違えです。ペダルから足を離して下さい」などと、正しい操作を促す方向にも期待したい。音声ならば、間違った操作を信じて続けていても、自分が間違っていることに早く気が付くはずだ。超高齢社会に向けて、人に優しいクルマのあり方も必要に感じた。

 ダイハツが開発したスマートアシストは、カメラとミリ波レーダーを使ったものに比べれば、確かに機能は限定的。しかし、わずか5万円という価格アップで装着できるようにしたこと、軽自動車というたくさんの販売台数を売るクルマに装着することによる事故発生の件数低減する可能性は高い。社会貢献度も大きいと評価できる。

 顧客にとっても、わずか5万円の追加でウッカリ追突を軽減でき、踏み違えも防げ、横滑り防止装置による操縦安定性の確保ができるのならば、まさに、ムーヴにスマートアシストを装着しない理由が見当たらない。

スマートアシスト 誤発進抑制制御機能の解説動画

<ダイハツ ムーヴ カスタムの新車情報、購入ガイドはコチラコチラ↓↓↓↓>
新型ダイハツ ムーヴ新車情報・バイヤーズガイド 高い安全装備スマートアシスト搭載したムーヴ参戦で、ダイハツVSスズキVSホンダ三つ巴の軽自動車戦争へ

新型ダイハツ ムーブ/ムーブ カスタム 燃費 価格 スペックなど

<ダイハツ ムーブ/ムーブ カスタム価格>
・L 2WD 1,070,000円 4WD 1,191,000円
・L“SA”2WD 1,130,000円 4WD 1,251,000円
・X 2WD 1,200,000円  4WD 1,321,000円
・X“SA” 2WD 1,250,000円 4WD 1,371,000円
・カスタム X 2WD 1,300,000円 4WD 1,421,000円
・カスタムX“SA” 2WD 1,350,000円  4WD 1,471,000円
・カスタム X Limited2WD 1,420,000円  4WD 1,541,000円
・カスタム X Limited SA 2WD 1,470,000円 4WD 1,591,000円
・カスタム RS 2WD 1,430,000円 4WD 1,551,000円

代表グレード ダイハツ ムーヴXリミテッドSA スペック
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高) 3,395×1,475×1,620mm
ホイールベース[mm] 2,455mm
トレッド前/後[mm] 1,305/1,295
車両重量[kg] 820kg
総排気量[cc] 658cc
エンジン最高出力[ps(kw)/rpm] 52PS(38Kw)/6800rpm
エンジン最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 60(6.1/5,200rpm
ミッション CVT
タイヤサイズ 155/65R14
JC08モード燃費 29.0km/L
定員[人] 4人
税込価格[円] 1,470,000円
発売日 2012/12/20
レポート 編集部
写真 編集部

【関連記事】

ダイハツ ムーヴ スマートアシスト 赤外線レーザーレーダーダイハツ ムーヴ スマートアシスト 作動解説ダイハツ ムーヴ スマートアシスト VSC横滑り防止装置解説ダイハツ ムーヴ スマートアシスト 誤発進抑制制御ダイハツ ムーヴ スマートアシスト 警告表示ダイハツ ムーヴ スマートアシスト 誤発進抑制制御解説ダイハツ ムーヴ カスタム エクステリア ダイハツ ムーヴ カスタム フロントスタイルダイハツ ムーヴ カスタム インパネダイハツ ムーヴ カスタム シートダイハツ ムーヴ カスタム リヤシートダイハツ ムーヴ カスタム ラゲッジルーム

この記事をCORISMで読む→

CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング