新型ダイハツ ムーヴ カスタム新車試乗評価 スマートアシストを試乗評価【レビュー:ダイハツ】

CORISM / 2013年1月2日 18時30分

ダイハツ ムーヴ スマートアシスト

安全装備の価格破壊を起こしたスマートアシスト。ウッカリ追突を防ぐ低速域衝突回避支援ブレーキ機能を試す!

 大幅なマイナーチェンジを施し、クラス最高燃費である29.0km/Lを達成した新型ダイハツムーヴとムーヴ カスタム。クローズドの特設コースで、ムーヴのウリでもあるスマートアシストや運動性能などの試乗ができたのでレポートしよう。

 まずは、一部グレードを除き5万円という低価格で装着できる衝突回避支援システムである「スマートアシストアシスト」をチェックする。以前のムーヴでは、横滑り防止装置(VSC)でさえ63,000円していた。スマートアシストは、横滑り防止装置の機能をベースとした延長線上にある機能なので、いかにダイハツが戦略的な価格を打って出たかが分かる。まさに、スマートアシストは、安全装備の価格破壊を起こしたといえる。

 最初に試乗したのは、低速域衝突回避支援ブレーキ機能。約20km/hまで加速し、アクセルをオフ。ブレーキを踏まずに、ひたすら壁に向かう。止まると分かっていても、不安はつのる。感覚的には「もう、ヤバイって!」と感じるくらいに接近してから警報、その警報を無視したほぼ直後に緊急自動ブレーキがかかり、見事に衝突を回避した。

 この機能の作動感覚などは、149万円という低価格でデビューしたフォルクスワーゲンup! のシティエマージェンシーブレーキとほぼ同じ。同じ、レーザーレーダーを使った方式だ。ムーヴの場合、グリル内にレーザーレーダーを搭載し約4~30km/hでの走行中に前方を監視。相対速度が約20km/h以下の場合、衝突を回避し、約20~30km/hの場合は被害軽減を支援する。

 ただ、このシステムは、赤外線レーダーのみなので、すべてにおいて万能というワケではない。天候にも左右され、雨が強い場合は精度が落ちる。誤作動などのリスク回避のために、機能がオフになることもある。衝突する対象物は、基本的に車両。ただし、レーザーレーダーなので、カメラタイプとは違い人や二輪車などを認識していないが、場合により衝突回避支援ブレーキ機能が作動することもある。

<ムーヴの永遠のライバル? スズキ ワゴンR/ワゴンRスティングレー試乗評価>
スズキ ワゴンR/ワゴンRスティングレー新車試乗記 スズキの危機感が高めたワゴンR史上、最高の完成度!

<デザインで差をつけろ! ムーヴの新ライバル ホンダN-ONE試乗評価記>
ホンダN-ONE試乗評価 元F1エンジニア渾身の軽を超えた軽自動車!!

スマートアシスト 低速域衝突回避支援ブレーキ解説動画

CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング