フォード エクスプローラー新車情報・購入ガイド 大人気エコブースト車を、よりグレードアップした限定車エクスプローラー リミテッド エコブースト【ニュース・トピックス:フォード】

CORISM / 2013年2月10日 8時8分

フォード エクスプローラー リミテッド エコブースト

贅沢なエコブースト車が登場! 未だ左ハンドルのみの設定

 フォードは、大型SUVであるエクスプローラーXLTエコブーストに上級グレードの装備を追加した「エクスプローラーLIMITEDエコブースト」を限定100台で発売を開始した。

 フォード エクスプローラーは、フォードを代表するSUV車。前モデルは、いかにもトラックベースというタフなオフローダー的イメージで、マニアに人気を得ていた。そんなエクスプローラーは、2011年にフルモデルチェンジし大きくイメージチェンジ。洗練されたスタイルへと大変身すると同時に、トラックとは決別しモノコックボディを採用した。

 2012年には、新世代の低燃費技術を搭載した2Lのエコブーストエンジンを搭載したFF車が登場。いわゆるダウンサイジング&ターボの組み合わせで、考え方はフォルクスワーゲンのTSIなどと同じ。わずか2Lのエンジンで、全長5020mm×全幅2000mm×全高1805mmという巨大ボディを十分なほどに走らせることができる。

 今回100台限定で発売されるリミテッドエコブーストは、XLTエコブーストに、4WDの人気グレード「リミテッド」専用装備を追加したモデルだ。エクステリアにデュアルサンルーフやカラードグリル、カラードドアミラーなどを採用し高級感を高め、インテリアには上質なチャコールブラックの本革シートや、12スピーカープレミアムオーディオを採用した。さらに運転席、助手席に10wayのパワーシート、シートクーラー、3列目シートにはシートアレンジを容易にするパワーフォールディングシートを装備。より上質で快適なモデルに仕上げられている。

 FFのSUVながら、エコブースト車は約50%を占める人気モデル。低燃費という理由もあるだろうが、もはやSUVであっても4WDという機能は必要なく、ライフスタイルの一部として、タフなSUVスタイルが欲しいということだ。4WDにして価格が大幅に価格がアップするくらいなら、FF車にして装備アップにお金を使いたいというニーズも十分に理解できる。今回の限定車は、そんな顧客に向けたものとなっている。

 ただ、フォードは相変わらず左ハンドルのみの設定。クライスラーもGMも右ハンドル車を用意し、少量販売ながら日本マーケットに真摯に向き合っている。全長が5m超&全幅2mという大型のクルマを狭い日本の道路で使うには、不便さは必ずつきまとう。BMWの3シリーズは、全幅1800mm超のボディを1800mmに変更し、日本の駐車場事情に合わせ、さらに、エンジンはガソリン、ディーゼル、ハイブリッドの3タイプを用意し4WDモデルも導入。このエンジンバリエーションは、国内メーカーさえ用意できていない。その結果、BMW、3シリーズは販売好調だ。フォードも、メーカーの責任として、日本マーケットに合った製品を導入するべきだ。

新車情報・新車試乗評価CORISM

フォード エクスプローラー リミテッド エコブースト価格、装備

フォード エクスプローラーLIMITED EcoBoost 2.0L直列4気筒直噴式インタークーラー付ターボ 6速 AT FWD 4,900,000円

【特別仕様装備】
エクステリア
 ・デュアルパネルサンルーフ(フロント電動開閉式)
 ・ボディカラードフロントグリル
 ・ボディカラードドアミラー
 ・パワーリフトゲート

インテリア
 ・ブラックインテリアカラー(本革シート)
 ・12スピーカー390Wプレミアムオーディオ
 ・運転席&助手席10Wayパワーシート
 ・運転席&助手席シートクーラー
 ・3列目パワーフォールディング
 ・運転席シートメモリー
 ・ステアリングヒーター
 ・電動アジャスタブルペダル
 ・ウッド調トリムアクセント
 ・アンビエントライティングなど
安全装備
 ・BLIS(ブラインドスポットインフォメーションシステム)
  走行中、ドアミラーからリアバンパー、さらにリアバンパーから後方約3mまでの。
  ドライバーにとって死角となりやすいゾーンに車両がいる場合、ドアミラーのイン
  ジケーターでドライバーに警告する。
  また後退時にはCTA(クロス・トラフィック・アラート)として作動、左右から
  接近する車両があるとドアミラーのインジケーターでドライバーに警告する。

CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング