スズキ スペーシア(SPACIA)新車情報・購入ガイド ブッチギリのクラストップ低燃費29km/L! スズキの超トール系新型車スペーシア登場!【ニュース・トピックス:スズキ】

CORISM / 2013年3月5日 14時58分

スズキ スペーシア

超ハイト系ワゴンで、29.0km/Lというクラストップレベルの低燃費には高い評価

 スズキ パレットがフルモデルチェンジで、名前をスズキ スペーシアに改めて登場した。室内空間の広さを連想させる良い名前だと思うが、だったら最初からパレットでなくスペーシアにしておけば良かったのにと思う。せっかく浸透させたパレットの名前をひと世代限りで捨ててしまうのはもったいない。

 名前は変わったが、基本コンセプトなどは変わらない。ワゴンRなどのハイト系車種よりさらに背の高い超ハイト系と呼ぶべきタイプの新型軽自動車がスズキ スペーシアだ。

 このタイプの市場は、ダイハツのタントが切り開いたもので、タントがフルモデルチェンジして2代目モデルが登場した直後にスズキがパレットで参入を図り、2011年からはホンダがN BOXを発売してこのクラスの市場を広げている。日産と三菱の合弁会社NMKVからも、来年早々にはこのクラスに日産デイズ ルークス(DAYZ ROOX)として新車種が投入される。

 前回のパレットは、2代目タントの後から登場したのに、今回のスペーシアは3代目タントの前に登場してきた。このあたり、スズキの開発には相当に“巻き”が入っているようだ。スポーティなカスタム系を後回しにして標準車だけを先に発売した点からもそれが受け取れる。

 安全装備の横滑り防止装置が間に合わなかったことなど、少々無理気味の急ぎ方ともいえるのだが、ホンダの本格参入であおられている状態なので、3月商戦に向けて何としても新型車が欲しいといった事情があったのだろう。

★スズキ スペーシアの試乗評価の続きはコチラから
新型スズキ スペーシア新車試乗評価 とにかく広く&低燃費で操縦安定性も高いが、安全装備が貧弱のが残念

軽量化とスズキ グリーンテクノロジーで、クラストップの低燃費29km/L

 スズキは、スーパーハイト系ワゴンの軽自動車、新型スズキ スペーシアを発表。3月15日より、発売を開始する。

 新型スズキ スペーシアは、1,735mmという高い全高を持つ。この全高は、従来のパレットと同じで、同社のワゴンRの1,640mmより95mmも高い。全幅と全長が法律で決まっている軽自動車の最近の傾向は、室内スペースを拡大するために、上方へのサイズアップしている。ホンダの軽自動車で爆発的な人気のN BOXなどは、全高を1,770mmという背の高さで、広大な室内空間と優れた積載性誇る。

 スペーシアも室内スペースを追求するのであれば、N BOXと同等の全高にするという方法が一番容易。しかし、スペーシアはN BOXよりも35mm車高が低い。スズキは、全高をむやみに高くしないのは、少しでも重心を下げ走りの基本性能と軽量化するためというが、それだけではないようだ。

 残念ながら、スペーシアには横滑り防止装置(ESP)の装備が見送られている。横滑り防止装置は、自動車事故の軽減に効果がある装備で、普通車はもう標準装備化が法律で定められている。軽自動車についても、新型生産車は2014年10月1日以降に新たに型式の指定を受ける自動車、継続生産車は2018年2月24日以降に製作される自動車に法律で義務付けられる。この装置は、背の高いクルマに対して横転の危険性をも軽減する効果もある。そのため、ホンダN BOXなどは、横滑り防止装置を標準装備化している。スズキは、N BOX並の車高にすると、横滑り防止装置を標準化しないといけないレベルに達するため、車高をいたずらに高めない選択をしているとも取れるのだ。

 また、車高を高めるデメリットは多い。まず、クルマの面積が増え車両重量が増える。車重が増えれば、燃費が悪化する。背が高いことにより、空気抵抗が増え燃費が悪化する。と、ほとんどいいことがないのだ。だが、顧客のニーズは、スーパーハイト系にある。スズキは、そんな不利な条件下であっても、徹底した低燃費化を施した。なんと、パレットの22.2km/Lから大きく燃費を伸ばし、クラストップの29.0km/Lを達成。ライバルのダイハツ タントが25.0km/LでホンダN BOXが24.2km/Lなので、まさにライバルを圧倒する超低燃費性能ということになる。

 低燃費化の技術として、ワゴンRで投入されたスズキ グリーンテクノロジーを採用。高効率のリチウムイオン電池を使った減速エネルギー回生システム「エネチャージ」。13km/h以下になると、走行中でもエンジンが停止する「新アイドリングストップシステム」。アイドリングストップ中でも、蓄冷剤を使い車内の温度を最適に保ち、アイドリングストップ時間を長くする「エコクール」が、そのまま使われている。こういった技術の水平展開は、当たり前なのだが、驚きなのは約半年前に搭載されたばかりのR06A型エンジンが、タイミングチェーンを細幅化されるなど摩擦抵抗を低減。約30%薄型化された軽量ラジエーターなども採用されている。これは、先に発表されたアルトエコと同様だ。

 燃費に大きな影響を与える車重も、徹底的に軽量化された。ボディの約42%(重量比)に超高張力鋼板を使用し、軽量化と高剛性両立した。部品もグラム単位での軽量化が施され、最大90kgも軽量化でき、クラス最軽量の840kgとなっている。N BOXが950kgなので、なんと110kgも軽いということになる。

 こういった最新テクノロジーと地道な軽量化により、新型スズキ スペーシアはクラストップの29km/Lという素晴らしい低燃費を実現している。

新車評価はCORISM

使い勝手は抜群だが、安全装備は貧弱

CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング