メルセデス・ベンツSLS AMG ブラックシリーズ新車情報・購入ガイド 空さえも飛べそうな631馬力! 【ニュース・トピックス:メルセデスベンツ】

CORISM / 2013年3月8日 7時7分

メルセデス・ベンツSLS AMG ブラックシリーズ

徹底的に走りを磨いた、わずか25台の限定車!

 メルセデス・ベンツは、ガルウイングをもつスーパースポーツカー「SLS AMG」のスペシャルチューニングモデル「SLS AMGブラックシリーズ」の発売を開始した。このメルセデス・ベンツSLS AMGブラックシリーズは、日本では限定25台という希少なモデル。顧客への納車は、2013年8月下旬より順次開始を予定している。

 ブラックシリーズとは、メルセデスAMG社のブランドスローガン「ドライビングパフォーマンス」を体現した特別なモデル。サーキット走行など本格的なスポーツドライビングに対応するチューンアップと装備、圧倒的な存在感を示すスタイリングを兼ね備えた少量限定生産モデルとなっている。日本マーケットへのブラックシリーズ導入は、SL65 AMGブラックシリーズ、C63 AMGクーペブラックシリーズに続きSLS AMGブラックシリーズが第3弾となっている。

 SLS AMGは、メルセデスのハイパフォーマンスモデルを手がけるAMG渾身の1台。このモデルが登場する前の2004年に同じガルウイングモデルであるSLRマクラーレンが発売され話題を呼んだ。突然、マクラーレンと手を組んだメルセデスに対して、メルセデス専属のAMGから見れば、まさに煮え湯を飲まされるような想いもあったのだろう。SLS AMGは、約6,000万円したSLRマクラーレン以上のパフォーマンスをもつSLS AMGを半額以下の約2,500万円という価格でデビューさせている。多くのハイパフォーマンスモデルを評価している評論家の中には、価格以上のパフォーマンスと絶賛する者もいるほどだ。

 今回のSLS AMGブラックシリーズは、そんなSLS AMGのパフォーマンスをよりサーキット走行などを意識して引き上げられている。

 AMG 6.3リッターV型8気筒エンジンは、専用チューニングにより、最高出力を631PS(ベースモデル比+60PS)に向上。0-100km/h加速3.6秒を誇る。これは、改良型カムシャフトと新設計のバルブトレイン、クランクシャフト、オイルポンプ、冷却システムなど専用チューニングを施した結果だ。最高回転数も8,000rpmへ引き上げ(ベースモデルは7,200rpm)られている。

 少しパワーを上げました的なチューニングで終わっていないのがAMGの凄さだ。 AMGスピードシフトDCTは、取り付け位置を10mm低くし、車両の重心を下げている。低重心化は、クルマの挙動や運動性能に大きくかかわる重要な要素でもある。

 さらに、新開発の電子制御AMGリミテッド・スリップ・デフを装備し、トレッドを前20mm、後24mm拡大。サーキットでの走行性能を大きく高めるために、スプリングおよび電子制御ダンパー(2段階切替式)に専用チューニングを施したAMG RIDE CONTROLパフォーマンスサスペンションを装備。また、専用のフロントハブキャリアやフロントスタビライザーや、70kgもの軽量化をするなど、優れたトラクション性能やコーナーリング性能を実現した。

 ブレーキには卓越した制動力と、高い安定性を確保したAMGカーボンセラミックブレーキを標準装備。硬度を高めることで、熱安定性を強化するとともに、約40%軽量化されている。ホイールには超軽量鍛造技術により4kg軽量化した専用マットブラックペイント19/20インチAMG 10スポークアルミホイールを採用。これらの手法により、バネ下重量が大幅に軽減され、よりダイレクトなステアリングレスポンスが得られるようになった。

 これほど大幅なチューニングが施されていることを考えると、走行したフィーリングは、まったく別物のクルマに感じるほどだろう。そんな特別なマシンとなったメルセデス・ベンツSLS AMGブラックシリーズを手に入れることができる幸せなユーザーは、国内ではわずか25名だ。

新車評価はCORISM

メルセデス・ベンツSLS AMG ブラックシリーズ価格、スペックなど

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング