新型ホンダ アコードやレジェンドに搭載される新技術 プレシジョン・オール・ホイール・ステア&スポーツ・ハイブリッドSH-AWDを雪上で試す! 【レビュー:ホンダ】

CORISM / 2013年4月8日 7時7分

プレシジョン・オール・ホイール・ステア&スポーツ・ハイブリッドSH-AWD

高い車両制御を実現したプレシジョン・オール・ホイール・ステア&スポーツ・ハイブリッドSH-AWDに注目だ!

 ホンダが、北海道の鷹栖にあるテストコースで雪上試乗会を実施した。かつては、毎年のように開催されていたイベントだが、今回は久々で3年振りの開催になった。

 ホンダの市販車のほとんどすべてが用意されているほか、日本で販売していないアメリカ専用モデルや開発途中のプロトタイプ車など、いろいろなクルマに雪上で乗ることができた。

 雪上試乗会でいつも高い評価を得るのは、決まってアクティトラックの4WDで、軽量ボディやミッドシップ車であることのバランスの良さなどから、意外なくらいに雪道での強さを見せていた。アクティトラックの4WDは農家専用といった感じで普通のユーザーには関係のないモデルだが、雪道での走りという点では興味深いモデルである。

 もうひとつ、今回のイベントでは、インテグラのタイプRに、いくつかのタイヤメーカーのスタッドレスタイヤを装着した試乗車が用意されていた。インテグラの個体はそれぞれ異なるので厳密な比較とまではいえないが、メーカーごとのスタッドレスタイヤの特徴の違いが分かる部分があっても面白かった。

 N-ONEやN BOXなどの軽自動車から、コンパクトカーのフィットハイブリッド、CR-Zのようなスポーツカー、あるいはCR-VやアキュラRDXなどのSUVに至るまで、いろいろなモデルに試乗したが、今では全車に横滑り防止装置のVSAが標準装備される時代になっている。これによって雪上での安定性が大きく向上しているので、全体に良く走る印象が強かった。

 かつて、横滑り防止装置がないFRのS2000で走ったときには、アクセルを踏めばテールが流れ、ブレーキを踏んでもテールが流れるといった具合で、クルマと格闘しながら走らせた印象が強く残っているが、今はそんな時代ではなくなっている。

 今回の雪上試乗会で、本命となるのは「プレシジョン・オール・ホイール・ステア」と「スポーツ・ハイブリッドSH-AWD」の2台だった。

 この2台には、昨年11月のホンダミィーティングのとき、栃木のテストコースでドライのオンロードでの試乗を試したが、いずれも安定性の高さが印象的だった。

 今回は、そのときに乗った試験車両で雪道を走るという設定で、外観はアメリカ版アコードの試験車両での試乗である。

あまりに自然なフィーリングでありながら、比べるとその差は歴然! プレシジョン・オール・ホイール・ステア

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング