1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

ホンダ ヴェゼル VS マツダCX-3 人気BセグメントコンパクトSUV比較

CORISM / 2021年11月13日 17時36分

ホンダ ヴェゼル対マツダCX-3

激戦カテゴリーとなったBセグメントのコンパクトSUV


 

各メーカーが、続々と新型BセグメントのコンパクトSUVをマーケットに投入。2020年にトヨタ ヤリスクロスと日産キックス、2021年にホンダ ヴェゼルがデビューした。

マツダCX-3は、2015年と最もデビューが古く、ハイブリッド勢に対して唯一ディーゼルエンジンで勝負。

今回は、最新のヴェゼルと最古参ともいえるCX-3を比較・評価した。

 



 

ホンダ ヴェゼルの特徴 「2代目は、まったく異なるタイプに大変身」


 

ホンダ ヴェゼル初代ホンダ ヴェゼルは、2013年に登場した。発売直後から大ヒットモデルとなり、何度も登録車SUV新車販売台数ナンバー1を獲得しているほどだ。

すでに、BセグメントコンパクトSUVのクラスには、日産ジュークがあった。しかし、ヴェゼルの大ヒットで一気に話題となる。ある意味、初代ヴェゼルはBセグメントコンパクトSUVのパイオニアともいえるモデルだ。

初代ヴェゼルのデビューから約8年。2021年4月に2代目ヴェゼルが登場した。

通常、大ヒットしたモデルがフルモデルチェンジすると、リスクを回避するためにキープコンセプトとなるケースが多い。ホンダの軽自動車N-BOXなどが典型的である。

しかし、2代目ヴェゼルは、初代ヴェゼルのイメージを全く感じさせないフルモデルチェンジとなった。

初代と2代目の方向性は、まったく異なっている。

初代ヴェゼルはスポーティな走りを前面に押し出したスポーティ&スタイリッシュ系SUVだ。対する2代目ヴェゼルは、重厚感&上質感があるラグジュアリー系SUVになっている。

クルマの基本性能を司るプラットフォームは、初代ヴェゼルと共通ながら、パワーユニットは刷新された。新開発されたパワーユニットは、「e:HEV」と呼ばれる1.5Lハイブリッドだ。4代目フィットと基本的に同じシステムだが、車重の重量増に対応しややパワーアップしたものを搭載した。

ホンダ ヴェゼル

 



 

マツダCX-3の特徴 「クラス唯一のディーゼル車」


 

 

マツダCX-3は、2015年に登場した。コンパクトカーのデミオ(現マツダ2)のプラットフォーム(車台)をベースとしSUV化されている。

マツダCX-3CX-3は、「次の時代のスタンダードを創造する」という志で開発された。スペックや数値の追求だけでは表せない、「人がクルマに求めている本質的な価値とは何か」を問い直し、マツダ最新の魂動デザインと技術で創り上げられている。

都会からアウトドアまで、どんなシーンにも相応しい1台を目指した。そのため、CX-3の全高は、1,550mmに抑えられている。都市部に多い、立体駐車場の高さ制限内とするためだ。これにより、都市部でマンションなどに住み立体駐車場を使うユーザーも、高さ制限を気にすることなくSUVに乗れるようになった。

CX-3の大きな魅力になっているのが、1.8Lのクリーンディーゼルターボエンジンだ。デビュー時には1.5Lだったが、2018年5月の改良で1.8Lに変更されている。BセグメントコンパクトSUVでディーゼルエンジンを採用しているのは、他社を含めCX-3のみだ。

多くのライバル車が、ハイブリッドでCO2減に取り組んでいる中、マツダはディーゼルエンジンで環境問題に取り組んでいる。

走行性能面では、ディーゼルエンジン特有の強大なトルクと低燃費が魅力的だ。270Nmの最大トルクは、クラストップレベルである。

燃費はハイブリッドにこそ少々及ばないものの、使用する燃料がレギュラーガソリンより安価な軽油であることから、ハイブリッド車と同等の燃料経済性を誇る。

マツダCX-3

 



 

1.燃費比較 「ヴェゼルとほぼ同等に近い燃料費のCX-3」


 

ヴェゼルの評価 4.0
CX-3の評価 4.0

燃料費に置き換えると、ハイブリッドとディーゼルはほぼ互角!?

ホンダ ヴェゼルの燃費


 

・e:HEV(ハイブリッド)系  24.8~25.0km/L(FF、WLTCモード)  22.0km/L(4WD、WLTCモード)

・G(1.5Lガソリン車)系  17.0km/L(FF、WLTCモード) 15.6km/L(4WD、WLTCモード)

 

マツダCX-3の燃費


 

・CX-3 XD(ディーゼル)系  20.0km/L (FF、WLTCモード) 19.0km/L(4WD、WLTCモード)

・CX-3 15S(1.5Lガソリン)系 17.0km/L(FF、WLTCモード)  15.7km/L(4WD、WLTCモード)

・CX-3 20S(2.0Lガソリン)系 16.0km/L(FF、WLTCモード)  15.2km/L(4WD、WLTCモード)

 

ガソリン価格高騰。ディーゼル車も選択肢に


 

ホンダ ヴェゼルのe:HEV(ハイブリッド)系とマツダCX-3のXD(ディーゼル)系を比べると、ヴェゼルが25%も燃費で引き離し低燃費性能のアピールする結果となった。

しかし、ここで注目したいのは燃料費である。ヴェゼルe:HEVが使う燃料はレギュラーガソリンで、約165円/L前後の価格だ。これに対して、CX-3のディーゼルエンジンは軽油を使う。軽油の価格は145円/L前後と安価だ。

このガソリン・軽油価格をベースにWLTCモード値(FF車)で、1,000km走った燃料費を比較すると、ヴェゼルe:HEVが約6,600円。対して、CX-3のディーゼルが約7,300円となる。走行シーンによって得意、不得意はあるものの、わずかにヴェゼルe:HEVが上回っている。

4WD車になると、少々、様子が変わってくる。同様に燃料費を計算すると、ヴェゼルは約7,500円、CX-3は約7,600円であった。4WDに関しては、ほぼ等々の燃料費になたCX-3が微妙に安価となった。

ちなみに、この燃費値(FF車)で燃料タンク容量から航続距離を計算すると、ヴェゼルが1,000km、CX-3は960km/Lとなり、こちらもほぼ同等となっている。

1.5Lガソリン車に関しては、両車同レベルの燃費値だ。CX-3、2.0Lガソリン車の燃費値は、意外と健闘している。

<レポート:大岡智彦

 



 

2.価格比較 「やや安価な印象のCX-3」


ヴェゼルの評価 3.0
CX-3の評価 3.5

続きを221616.comで見る


 

その他の比較ポイントは・・・

2.購入時の値引き術

3.購入時の値引き術

4.デザイン比較

5.室内空間と使い勝手

6.安全装備の比較

7.走行性能の比較

8.リセールバリュー比較

9.まとめ・総合評価

続きを221616.comで見る


 

ホンダ ヴェゼル動画・新車情報・試乗評価一覧

マツダCX-3動画・新車情報・試乗評価一覧

日産キックス新車情報・試乗評価一覧

ホンダ ヴェゼル VS トヨタ ヤリスクロス

SUV動画・新車情報・試乗評価一覧

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください