日産セレナ新車情報・購入ガイド 仕様向上でより安全に。e-POWER車にもスポーツ仕様の「AUTECH SPORTS SPEC」を新設定

CORISM / 2020年8月30日 19時42分

日産セレナ

 

 

国内日産を支える人気ミニバンがセレナ


日産セレナ日産は、人気ミニバンであるセレナを一部仕様向上。同時に、日産車の架装やカスタマイズを担っているオーテックからは、e-POWER車に「AUTECH SPORTS SPEC」を新設定し発売を開始した。

日産セレナは、長い歴史をもつミニバンだ。初代セレナは、1991年に登場。現行セレナは、5代目で2016年にデビューしたー。“BIG”、“EASY”、“FUN”をコンセプトとし、室内の広さや使い勝手をはじめとし、全ての人が楽しく快適に移動できるミニバンとして開発されている。

この5代目セレナで注目されたのが「プロパイロット」だ。このプロパイロットは、高速道路などで車線を維持しながら前走車にストップ&ゴーを繰り返すなど追従走行する。当時、この技術は高く評価され2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤー、イノベーション部門賞を受賞した。

セレナは、販売面も好調。2018年・2019年と2年連続でミニバン販売台数ナンバー1に輝いている。もちろん、ライバル車であるトヨタの3姉妹ミニバンであるヴォクシー、ノア、エスクァイアをまとめれば、セレナを上回る。それでも、ステップワゴンと比べると大差をつけて売れている。

 



 

360°セーフティアシストをより強化した仕様向上


日産セレナ今回、セレナの仕様向上では、「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)」を全車標準装備とした。インテリジェントFCWは、2台前を走る車両の車間・相対速度を、車両前方に搭載されたレーダーセンサーで検知。状況により、自車の減速が必要と判断した場合には、表示と音によりドライバーに注意を促し、玉突き事故の防止をサポートし、より他車との衝突リスクを軽減してくれる。セレナは、360°セーフティアシストと呼ぶ全方位運転支援をアピール。この機能により、360°セーフティアシストがより強化されたことになる。

さらに、オプション設定であった運転支援技術「プロパイロット」を一部のグレードに標準装備化した。さらに、「インテリジェント ルームミラー」のオプション設定グレードも拡大。また、室内空間をより便利で快適にするため、USB電源ソケットを1.0Aから2.4Aに変更している。ケーブルや機器が急速充電に対応しているかなどにもよるが、よりスピーディな充電ができるようになった。

こうした機能・装備向上したこともあり、車両価格も若干アップ。e-POWERハイウェイスター G は、3,809,300円となり83,600円アップしている。機能・装備向上分としては、やや高めな印象だ。

 

走行性能を大幅に鍛え上げたe-POWER「AUTECH SPORTS SPEC」を新設定


日産セレナ オーテックまた、同時にオーテックは、e-POWER車に「AUTECH SPORTS SPEC」を新設定した。

「AUTECH SPORTS SPEC」は、セレナで唯一の17インチタイヤ&ホイールを装着。専用サスペンションやボディ補強、専用コンピューターなどのチューニングを行い、優れた高速安定性と上質な乗り心地の両立。さらに、心地よい加速フィーリングを実現した。e-POWER「AUTECH SPORTS SPEC」では、専用サスペンションにより、ノーマルの全高1,865mmから1,860mmへ5mm車高が下げられている。最低地上高は135mmとなり、こちらもノーマルより5mm低い。

セレナe-POWERは、重いバッテリーを前席下に設置。これにより、重心高が下がり、ボディ剛性もアップしている。そのセレナe-POWERの車高を若干下げ、さらにボディ剛性をアップさせているとなると、その走行性能は非常にスポーティで魅力的なものになっていると想像できる。ミニバンとはいえ、走行性能に妥協せず、より楽しい走りを求める人に向く。

その他、顧客のニーズに合わせてインテリアコーディネートが選択できる「AUTECH PREMIUM PERSONALIZATION PROGRAM(オーテックプレミアムパーソナライゼーションプログラム)」を設定。シートの素材を本革に変更し、ストーンホワイト、タン、ブラックの3色から選択することが可能。どのシートカラーにおいても、素材の一部やステッチにブルーを採用し、「AUTECH」ブランドらしさを表現するコーディネートとしている。より、セレナを自分好みの仕様にしたいと考えている人にとっては、とても気になるプログラムといえる。

日産セレナオーテック

 



 

■セレナe-POWER「AUTECH SPORTS SPEC」主な特別装備


日産セレナ オーテック●205/50ZR17 93Yタイヤ (MICHELIN PILOT SPORT 4)&  専用17インチダークグラファイトフィニッシュアルミロードホイール  (17×6.5J)、インセット51、P.C.D:114.3(5穴)

●専用ボディ補強
フロントクロスバー、フロントサスペンションメンバーステー、センタークロスバー、 センターサブメンバー、センターサブメンバーブラケット、センターアンダーブレース(S-HYBRID車のみ)、 リヤクロスバー、リヤサブメンバー、リヤサブメンバーサポート

●専用サスペンション
(スプリング、ショックアブソーバー、リヤ強化スタビライザー)

●専用チューニングコンピューター

●専用車速感応式電動パワーステアリング

●専用VDC (ビークルダイナミクスコントロール[TCS機能含む]、OFFスイッチ付)

 



 

日産セレナ価格


■8人乗り スマートシンプルハイブリッド車

・X 2,576,200円

・XV  2,736,800円

・G  3,061,300円

・ハイウェイスター  2,758,800円

・ハイウェイスター V  3,070,100円

・ハイウェイスター G  3,311,000円

■8人乗り スマートシンプルハイブリッド4WD車

・X  2,824,800円

・XV  2,985,400円

・G  3,353,900円

・ハイウェイスター  3,051,400円

・ハイウェイスター V 3,335,200円

 

■7人乗り e-POWER車

・e-POWER X 2,997,500円

・e-POWER XV  3,226,300円

・e-POWER G  3,473,800円

・e-POWERハイウェイスター  3,293,400円

・e-POWERハイウェイスター V  3,582,700円

・e-POWERハイウェイスター G  3,809,300円

・e-POWER AUTECH SPORTS SPEC  4,192,100円

 

ミニバン新車情報・購入ガイド一覧

2020年 安全な車ランキング【ミニバン】

ハイブリッド車試乗記・評価一覧

日産車新車情報・試乗評価一覧

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング