沖縄「冷やしもの」スイーツ名店7選 かき氷、ぜんざい、パフェを堪能!

CREA WEB / 2019年5月1日 11時0分

 沖縄で、ぜんざいなどの冷たいおやつは“冷やしもの”というらしい。

 ところで、「ぜんざいが冷たい?」って思うでしょ。これが口に運ぶと、陽射しを浴びた体にひんやり心地よい、最高の甘味なのでした。


和菓子屋さんの
正統派ぜんざい

●羊羊
[中部・北中城村]


こんもりした氷の山をそうっとすくって。黒蜜きなこぜんざい 750円。

 サクサクと口当たりのいい氷に黒蜜ときな粉がかかった〈黒蜜きなこぜんざい〉(750円)は、氷の下に隠されたあんこが絶品。


外観。

 実家が岐阜 の和菓子屋で、デザイナーでもある武山さんと、人気のベーカリーカフェ「プラウマンズ ランチ ベーカリー」の屋部さんが共同経営するこのお店。

 大福やどら焼きなど和菓子メニューも豊富。

羊羊
(ようよう)

所在地 沖縄県中頭郡北中城村喜舎場366
電話番号 098-979-5661
営業時間 10:00~17:00
定休日 無休
席数 8席
カード 利用不可
駐車場 あり
https://yoyo.okinawa/

厳選素材で作る
絶品の冷やしもの

●SANS SOUCI
[中部・北中城村]


特撰サンスーシィパフェ 1,200円。

 見目うるわしい冷やしものを生み出すサンスーシィ。

 高さ36センチ、プリン、ゼリー、白玉、アイス、あんこ、クリームとどれも選りすぐりの材料で作られた〈特撰サンスーシィパフェ〉(1,200円)はまさに至福の味。


フルーツみるく氷 800円~。

 季節の果物を贅沢に使った〈フルーツみるく氷〉(800円~)はふわふわに削った氷と自家製の練乳がたまらなくおいしい。


外観。

SANS SOUCI
(サンスーシィ)

所在地 沖縄県中頭郡北中城村荻道150-3 パークサイド #1822
電話番号 098-935-1012
営業時間 11:00~21:00
席数 42席
カード 利用可
駐車場 あり
http://sanssouci-kitanaka.com/

創業65年の老舗ぜんざい屋

●千日
[那覇・久米]


ミルク金時 450円(税込)。

 沖縄のぜんざいのスタンダードを築いた千日の〈ミルク金時〉450円(税込)は、そうめん用の碗にふっくらと炊いた金時豆とパウダースノーのような細かな氷、ミルクがかかって雪山のよう。

 縁日を思い出させるいちご味や、豆の入らないかき氷も。


外観。

 手土産に嬉しいたいやきや今川焼 各120円(税込)も皮がパリッとしてとても美味。

千日

所在地 沖縄県那覇市久米1-7-14
電話番号 098-868-5387
営業時間 11:30~19:00
定休日 月曜
席数 40席
カード 利用不可
駐車場 あり

かき氷と器に
自然の色を映し出す

●瑠庵+島色
[中部・うるま市]


季節のかき氷 800円(税込)。

 冬から春先にかけて出回る沖縄の柑橘、たんかんを使った〈季節のかき氷〉800円(税込)は、鮮やかな黄色とそれを引き立てる器が美しい。


外観。

 濃厚なたんかんのシロップに、ベストマッチなヨーグルトミルクを添えたのはかき氷職人の西澤さんのなせる業。

 専用の器は陶芸家の島袋克史さんによるもの。かき氷と器の両方を楽しめるお店。

瑠庵+島色
(るあん しまいろ)

所在地 沖縄県うるま市与那城桃原428-2
電話番号 050-3716-4282
営業時間 11:00~17:00
定休日 火・水曜(7~9月は水曜のみ)
席数 21席
カード 利用可(器購入のみ)
駐車場 あり

素朴だけどクセになる
田芋LOVE

●richamocha cafe
[北部・金武町]


むるターム 400円(税込)。

 子孫繁栄の縁起物として沖縄の伝統料理にも使われ、方言でターンムと呼ばれる田芋は、リカモカカフェのある金武町の特産。


外観。

 〈むるターム〉400円(税込)は粉雪のようなサラサラのスノーアイスに田芋を使った田芋もち、アイス、そして田芋をつぶして砂糖とともに練り上げて作る田楽と田芋づくし

 まさに「むるターム(ぜんぶ田芋)」。

richamocha cafe
(リカモカ カフェ)

所在地 沖縄県国頭郡金武町金武4285
電話番号 098-968-5986
営業時間 11:30~20:00
定休日 木、第3水曜
席数 20席
カード 利用可
駐車場 あり
https://richamocha.ti-da.net/

優しくおいしい
幸せのジェラート

●うるまジェラート
[中部・うるま市]


黄金いもと紅いもを使った〈なかよしポテト〉、県産牛乳の〈うちなーミルク〉、津堅島のにんじんを使った〈津堅にんじん〉各400円(税込)。

 農薬や化学肥料を使わずに育てられた地元の作物を使って作る〈うるまジェラート〉はどのフレーバーも個性的。


外観。

 黄金いもと紅いもを使った〈なかよしポテト〉、県産牛乳の〈うちなーミルク〉、津堅島のにんじんを使った〈津堅にんじん〉各400円(税込)など野菜も多く登場。

 体にいい素材を使った優しい味わいは一口食べるごとに幸せに。

うるまジェラート

所在地 沖縄県うるま市与那城照間1860-1
電話番号 098-978-8017
営業時間 11:00~18:00
定休日 無休
席数 20席
カード 利用可(2,000円~)
駐車場 あり
http://urugela.com/

贅沢なマンゴー三昧に
夢心地

●369 farm cafe
[北部・名護市]


とろふわマンゴーかき氷 小500円。

 自家製マンゴーシロップがたっぷりかかった上に、地元農家から仕入れ、クラッシュしたフローズンマンゴー、そしてバニラアイスがトッピングされた〈とろふわマンゴーかき氷〉(小500円)はマンゴーを心ゆくまで楽しめる。


外観。

 やわらかな甘みの自家製練乳でさっぱりとした後味に。隠れ人気商品の〈焼きプリンパイ〉(138円~)も。

369 farm cafe
(みるくファームカフェ)

所在地 沖縄県名護市宮里1007
電話番号 080-6497-3690
営業時間 11:30~18:30(18:00 L.O.)
定休日 水・木曜
席数 13席
カード 利用不可
駐車場 あり
http://www.369farmcafe.net/

Text=Tayoko Yamazaki(okinawa-ichiba)
Photographs=Masanori Onimaru

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング