NOTごぼうもうまいんです! ズッキーニの絶品サマーきんぴら弁当

CREA WEB / 2019年7月16日 21時0分

 自分のためのお弁当だから、人目を気にせず、気の向くままに。好きなものだけを詰め込んだっていいし、おかず2品だってもちろんOK!

 つむぎやのマツーラユタカさんが、マイ弁当のための楽ちんレシピを考案してくれました。

野菜や食感を変えれば
きんぴらバリエ広がる!


ナッツがアクセントになったきんぴらは、のっけ弁スタイルでぜひ!

 お弁当おかず界に、エバーグリーンにその名を刻む「きんぴら」。ごはんがススムし、冷めてもおいしいし、日持ちもするしと、いいことずくめ。みなさんのお弁当ライフでもヘビーローテーションしているんじゃないでしょうか。

 きんぴらというと、ごぼうやれんこんのイメージですが、春だったらうど、夏だったらズッキーニなど、旬の野菜を積極的に取り入れるのがオススメ。

 味付けはいつものきんぴらを微調整するだけだから失敗も少ないし、旬の野菜が入ると色味や食感が変わるから、マンネリ防止にもお役立ち。

 そして食感のアクセントはミックスナッツ。お酒のお供に買ったはいいけど、余りがちなナッツも、きんぴらの名脇役に。ごはんの上にのせちゃえば、どんぶり的に楽しめる、食べごたえ十分のお弁当に。

 作り置きできるおかずでできちゃうから、朝ラクですよ~。

◆サマーきんぴら弁当

○ズッキーニとナッツのきんぴら


■■材料(つくりやすい量)

・ズッキーニ:1本
・にんじん:2/3本(約100g)
・ミックスナッツ:30g

[A]
・酒:大さじ2
・みりん:大さじ2
・しょうゆ:大さじ1と1/2

・ごま油:大さじ1と1/2

■■つくり方

(1) ズッキーニは1cm幅の輪切りにし、にんじんは5mm幅に輪切りする。

(2) フライパンにごま油大さじ1を弱火で熱して、ミックスナッツを入れて、ほんのり焦げ目がつくくらいまで炒めたら一度取り出す。

(3) ごま油大さじ1/2を足して、ズッキーニとにんじんを入れ、フライパン全体に広げて、片面ずつ焼き色をつけていくように加熱する。

(4) フタをして弱火にし、1分ほど蒸し焼きにする。

(5) フタをとって再び中火にし、[A]を加えて炒め煮する。半分くらい汁気が飛んだところでナッツを加えて、さらに炒め煮する。

ポイント


食感のアクセントにおすすめのミックスナッツは、はじめに焼き色がつくまで炒めて取り出し、炒め煮の終盤で戻すことでカリッとした食感がキープできます。中華料理のナッツの炒めもののように、ちょっとしなっとした食感がお好みなら、フライパンから取り出さずに炒め煮してみてください。

○キャベツとアスパラの
粒マスタードあえ


■材料(つくりやすい量)

・キャベツ:1/8個
・アスパラ:4本
・粒マスタード:大さじ1
・オリーブオイル:大さじ1
・塩:小さじ1/2

■つくり方

(1) キャベツは千切りしボウルに入れ、塩をふってよく揉む。15分ほど置き、にじみ出てきた水分をよく絞る。アスパラは、根本から1/3ぐらいの皮の硬い部分をピーラーでむき、5cmの長さに切る。小鍋に湯を沸かしアスパラを30秒ほどゆでてザルにあげる。

(2) 水気をしぼったキャベツとアスパラをボウルに入れ、オリーブオイルと粒マスタードであえる。味見をして、必要があれば塩少々(分量外)を加えて味を整える。


マツーラユタカ(つむぎや)

物書き料理家。金子健一とともにフードユニット「つむぎや」として活動。“食を通して人と人、満ち足りたココロをつむいでいく”をモットーに、書籍や雑誌、イベントなどで創作和食を提案。地元である山形県鶴岡市など、ご縁ができた土地の風を運ぶ活動にも力を入れている。最新刊「お昼が一番楽しみになるお弁当」(すばる舎)が好評発売中。

文=マツーラユタカ(つむぎや)
撮影=佐藤 亘

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング