横浜で「マレーシアごはん祭り」開催 夏にぴったりの必食グルメが勢ぞろい

CREA WEB / 2019年8月22日 11時0分

グルメ大国マレーシアの味を
存分に楽しめる食イベント

 アジアのグルメ大国としてじわじわ人気が高まっているマレーシア。現地に行かないとマレーシアグルメが食べられないと思っている方に朗報です!

 横浜で8月31日(土)、9月1日(日)、関東のマレーシア料理店が集結し、各店の看板料理をど~んと提供。年に一度の食祭りが開催されます。


会場は横浜にある屋内施設「象の鼻テラス」。料理だけでなく現地のスパイス、調味料、なまこ石けんなどマレーシア産の食品や雑貨も販売。またワークショップ、クイズ大会など体験型イベントも盛りだくさん。

 多民族が暮らすマレーシアの食文化は驚くほどバラエティ豊か。

 中国を起源とするチキンライスに、インド文化の影響を受けているカレー付きロティ・チャナイ。

 またスパイスの効いたスープに麺を入れたカリー麺は、その2つの食文化が融合したもの。

 つまり、複数のジャンルの料理と、それらが影響しあって発展してきたのがマレーシアグルメ。それらのバラエティに富んだ味を体験できるのが、このごはん祭りなんです!

初心者におすすめなのは
ナシレマッとチキンライス

 マレーシア料理初心者なら、まずはナシレマッとチキンライスをぜひ。

 どちらもポイントはご飯で、ナシレマッはココナッツミルクで炊いた甘い香りのするご飯に、コク深い辛味ペーストのサンバルを混ぜて食べる南国の味。チキンライスは鶏スープで炊いた旨みたっぷりのご飯がチキンによく合います。


ナシレマッは2店舗で提供。池袋の名店「マレーチャン」は煮干し入りの甘辛サンバルとチキンカレー付きの豪華版(700円)。

「マレーカンポン」は紙で包んだ現地の屋台飯を再現(500円)。ナシレマッはおかずとご飯をよく混ぜて食べるのがおいしく味わうコツ。

チキンライスも2店舗で提供。行列のできる五反田の人気店「ちりばり」は蒸しチキン(700円)。

マレーシア人シェフが作る「マレーアジアンクイジーン」はゆでチキン(600円)。チキンライスの食べ比べをしてみよう!

 マレーシアで人気の軽食ロティチャナイ。このごはん祭りでは、タイで修業した日本人女性の手作りロティが登場。

 生地作りには技と手間とがかかるので、日本ではなかなか食べられない貴重な味。タイで人気の甘いココナッツロティもうまうまです!


ロティ専門店「グータラカフェ」の豆カレー付ロティ(600円)。

おやつにぴったりの甘いココナッツロティ(500円)。この手作りロティには在日マレーシア人のファンも多い。数量限定なのでお早めに。

 そして華人系マレーシア人のソウルフード、豚の漢方スープバクテーもお見逃しなく。滋養強壮や夏バテ防止に効果があるといわれる漢方を多用し、ことことじっくり豚肉を煮込んだもの。


東京・十条のバクテー専門店「A1肉骨茶」が提供するバクテー(600円)。マレーシアタイプでスープが黒いのが特徴。このスープで煮込んだにんにく(100円)も絶品。ちなみにご飯と一緒に食べたい人は、2軒隣の「マレーアジアンクイジーン」で注文可。

カリー麺に米麺の焼きそば
やみつき覚悟の名物麺が登場

 マレーシア、じつは麺天国でもあります。昨年好評を博したスパイス香るカリー麺が今年も登場。カレースープはココナッツミルク入りで辛さはマイルド。


「マレーアジアンクイジーン」で提供されるカリー麺(700円)。具の油揚げが特徴で、スープがしみていて美味!

 さらに今年初登場の麺が2種も!

 もちっとした食感にハマる米麺を使った焼きそば、チャー・クイティオ。揚げた煮干し、卵、青菜など具だくさんのあえ麺、パンミー・ドライ。どちらも現地で人気の料理です。


「ちりばり」で提供されるチャー・クイティオ(750円)。醤油系のソースで香ばしく炒めた米の麺料理。辛くないので子どもでも安心。

「ちりばり」で提供されるパンミー・ドライ(800円)。もちっとした幅広の小麦麺に特製ソースをからめて食べる。

 さらに、CNNが世界一おいしいと評したルンダン、子ども向けに辛くないナシゴレン、具だくさんかき氷アイスカチャンなど、この連載で紹介したマレーシア料理も続々登場します。

お土産コーナーが充実
イベントも盛りだくさん!

 食以外のお楽しみコーナーも充実。簡単にマレーシア料理が作れる調味料やスパイスなどの食品、マレーシア雑貨、アジアの関連書籍まで約100アイテムがブースに並びます。


マレーシア特産の紅茶やカレーパウダー、調理ペーストなど。

最高級のドリアンが冷凍状態で登場(3,500円)! 自宅で自然解凍して召し上がれ。

なまこ石けんやなまこクリームは、ランカウイ島の民間療法からうまれた肌のケア製品。敏感肌の方も使えて保湿効果も抜群。

 さらに、体験型ワークショップ、人気のポップソング紹介、伝統音楽の演奏、そしてクアラルンプールの豪華ホテルの宿泊券が当たるクイズ大会などステージイベントも目白押し。


ろうで描いた下絵に好きな色を塗っていくバティック染めのワークショップ(8月31日[土])。※要予約。詳細は公式サイトにて。

インテリアにぴったりのバティック風イラストのワークショップ(9月1日[日])。※要予約 詳細は公式サイトにて。

伝統音楽研究家の亜季さん(右)がマレー民謡をバイオリンで披露。クラリネット奏者の久美さん(左)との美しいメロディーのかけ合いに注目。

マレーシアについて聞いてみたいことがあれば、近くにいるスタッフにお気軽にお声がけください。みんなマレーシアのことなら何時間でも話せます!

 今年で4回目のこのイベントは、マレーシア好きの私たちが、日本で暮らすマレーシア人と一緒に手作りで楽しんで企画したイベントです。けっして大きな規模ではありませんが、マレーシア料理のおいしさとマレーシアのあったかさを感じられる2日間だと思います。

 どうぞみなさま、熱中症にはくれぐれも注意して、ぜひ横浜に出現するマレーシア空間を体感しにいらしてください!

マレーシアごはん祭り 2019
~Malaysia MAKAN Fest~

開催期間 2019年8月31日(土)、9月1日(日)
開催場所 象の鼻テラス
所在地 神奈川県横浜市中区海岸通1丁目
アクセス みなとみらい線「日本大通り駅」より徒歩8分
開催時間 11:00~17:00
入場無料
フード価格 ナシレマッ 700円、チキンルンダン 700円、チキンライス 700円、カリー麺 700円、チャークイティオ 750円、パンミードライ 800円、バクテー 600円、カレー付ロティ 600円、ナシゴレン 600円、ミーゴレン 600円ほか
公式HP https://malaysianfood.org/malaysiamakanfest2019/
象の鼻テラスHP https://www.zounohana.com/


マレーシアごはんの会 
古川 音(ふるかわ おと)

「マレーシアごはんの会」にて、マレーシア料理店とコラボしたイベント、マレーシア人シェフに習う料理教室を企画・開催。クアラルンプールに4年滞在した経験をもつ。近著は『マレーシア 地元で愛される名物食堂』(ダイヤモンド社)。
オフィシャルサイト http://malaysianfood.org/

文・撮影=古川音(マレーシアごはんの会)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング