お笑い第7世代きっての仲良しコンビ EXITのチャラくて熱い男子トーク

CREA WEB / 2019年10月7日 17時0分


 “お笑い第7世代”で抜群の人気を誇る、ネオ渋谷系漫才師EXIT。

 5歳年上のりんたろー。さんが自由奔放な兼近さんを父親のようにフォローする一方で、ナチュラルにリスペクトし合うふたりの関係に注目しました。

 CREA WEBでは、CREA11月号掲載中のインタビューの一部と、CREA読者に向けたメッセージムービーを大公開!


お互いに「ごめんね」と
「ありがとう」は言います

 一昔前の芸人は、本番中以外は距離を置く関係がクールとされていたけれど、今の若手芸人はみんなとても仲が良い。

 超多忙スケジュールにつき、寝る時以外はほぼ一緒というEXITのふたりも、写真撮影中に雑談が途切れない仲の良さ。喧嘩はまったくしないそう。

兼近 喧嘩する理由がないです。

りんたろー。 年が近かったら腹が立つことも、5歳も下だと自由にさせちゃうというか、何をしても「可愛いな」と思えます。

兼近 俺、可愛いっすもん(笑)。

りんたろー。 歩きながらお弁当を食べてても「可愛いな」と。本当にヤバい時は「兼近ダメだよ」と一応注意して、「僕は正常ですよ」と周囲にアピールします。

兼近 俺が一線を越えた時に、りんたろー。さんが距離を置くの、気づいてますよ。

りんたろー。 アハハハハ(笑)。

兼近 りんたろー。さんは先輩なんで、基本的に「なんでもどうぞ」と受け入れます。人生経験的にも俺が間違ってるに決まってるんで。


りんたろー。 過去にふたりとも、一度コンビを解散してるのが大きいですね。一度失敗して、相手の気持ちを考えながら言葉を発せられるようになったところで兼近と出会ってるんで。それが今の関係性の基盤になってる気はします。

兼近 俺はもともとそういう感じだったんですよね。人のことを思いやる家族の中で育ったんで。

りんたろー。 確かに。

兼近 うちの両親が離婚したのは、相手のことを考えすぎて自分を出せなかったことが原因なんで。だから俺は、逆に出す。相手のことを思いやりながら、自分の本音も伝えるようにしてます。

りんたろー。 お互いに、ちゃんと「ごめんね」と「ありがとう」は言いますね。

日頃の感謝を込めて
プレゼントするなら?


 相方への日頃の感謝の気持ちを込めて選んでもらったプレゼントは、りんたろー。さんがパスケース、兼近さんが高級箸。

りんたろー。 箸かー。俺、家でご飯食べないからなー。

兼近 食べるようにしてください。口に入れるもんは、いいものを使ったほうが絶対にいいんで。

りんたろー。 本当はインテリアもあげたくて。最近引っ越したんですが、欲しいと思っても優先順位的に手を出せないものがあったので。兼近にもそういうものがあればあげたいですね。

兼近 漆の箸だって自分じゃ買わないでしょ。

りんたろー。 買わない。

兼近 こんな箸が家にあったら女子喜びますよ。「この箸漆塗りじゃん! ヤバいんだけど!」って。

りんたろー。 漆の箸に反応するような女、会ったことある?

兼近 ありますよ。俺はそういう女子が好きなんです。俺ら、生きる世界が違いすぎます(笑)。

二人が贈り合ったプレゼント


兼近さん→りんたろー。さん

自分でも何膳か所有するという漆の箸を。「箸って絶対に家で使うものだし、心と心を繫ぐ“架け橋”になればいいなと思って」と、キザな台詞をサラリと言えるのが、さすが兼近さん。


りんたろー。さん→兼近さん


引っ越しを予定している兼近さんに、「KLON」の機能的なパスケースを。「今は同居人がいるから鍵を持ってないけど、ひとり暮らしを始めたら絶対になくすと思うんで」と親心。

人間味溢れるりんたろー。は
まるで小説の主人公


りんたろー。 兼近のヤバさに説明書をつけて世に放ち、オフィシャルにするのが俺の仕事。本当にヤバいことを言いそうな時は、犬のリードをクイッと引くように軌道修正します。

兼近 ある程度自由に発言できてるのは、りんたろー。さんが雰囲気作りをしてくれてるからですね。

りんたろー。 つっこみながら、実は心の中で「行け!」「もっと言え!」と思ってる時もある。

兼近 りんたろー。さんはめちゃめちゃ人間味があるんですよ。気が弱くて、悩みがいっぱいある中で、もがいて強くなっていくところが、小説の主人公みたい。

りんたろー。 神様目線?(笑)

兼近 読書してる感覚。「さっき先輩にヘコヘコしてたのにまた後輩に強気でいってる」って。

りんたろー。 やめろ!(笑)

EXIT

1986年生まれ、静岡県出身のりんたろー。と、1991年生まれ、北海道出身の兼近大樹からなるコンビ。2017年12月のコンビ結成後、翌年4月にはヨシモト∞ホールにて結成最速の単独ライブ開催&チケット即完。YouTubeチャンネル「EXIT Charannel」を随時更新中。

Text=Takako Sunaga
Photographs=Kousuke Matsuki
Videograph=Kiichi Matsumoto

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング