プチプラコスメ・ザ・ベスト2019〈7〉 色香が溢れ出す大大大ヒットリップ!

CREA WEB / 2019年12月28日 9時0分

#07
全女性の女っぷりを上げる
唯一無二の最高ティント

 みなさんこんにちは、プチプラ美です。2019年のマイベスト・プチプラコスメをご紹介してきましたが、遂にラスト!

 最後に選んだのは、これもやはり落とすわけにいかない、オペラのアレです。


◆オペラ リップティント N


唇がきちんと色づくのにツヤと透け感があり、長時間色持ちもよいと定評がある。オペラ リップティント N 左からコレを塗って婚活がうまくいったという伝説を生んだ05コーラルピンク、見た目のディープカラーの印象を気持ちよく裏切ってくれる08バーガンディ、大人っ ぽさと可愛さを兼ね備えている06ピンクレッド 各1,500円/イミュ

 もう説明の必要がないくらい大ヒット、大人気の製品なので、「新製品じゃないよね?」と思われるかもしれませんね。

 実は初めて発売されたのは2016年の秋。そこから1年ほどの間にSNSを中心にどんどん人気が上がり、05番が“花嫁リップ”と呼ばれるようになったりして、さらに人気が定着。2018年の暮れの時点で、累計売上500万本突破という、モンスターリップに成長していました。

 個人的にも「存在が新しいし質もすごく良い」と感じ、愛用していましたが、この優秀プチプラコスメのコーナーをスタートした頃にはすでに大人気だったのと、その年に発売されたわけではなかったため、こちらで紹介しなくてもいいかな、と思っていたんです。

 ですが、2019年5月にリニューアル新発売になりまして、この機を逃したら紹介するタイミングはないかも! と思い、今回エントリーしたというわけです。

 リニューアルの際に若干色が整理され、基本の定番色は8色。シーズンごとに限定色が発売されていますが、複数色を買う人も多い中、人気色がどれなのか聞いてみたところ、写真上の3色。

 05コーラルピンクが相変わらず人気なのは納得ですが、意外なのが、ぱっと見はかなりディープカラーの印象の08バーガンディが人気の点。この色は初め限定色として登場しましたが、多分人気が高く定番色に仲間入りしたと思われます。

 この色、ぱっと見はワインや濃いブドウ色の印象で、ちょうどディープカラーがトレンドになり始めた頃に発売されました。

 昔なら尻込みしてしまう人も多い色だったと思うけれど、塗るとリップティント独特のシアー感で、濃い赤紫のニュアンスだけが唇に乗る感じ。だから、しっかり発色するタイプの口紅だったら塗れない、という人でも、「コレなら悪目立ちせずにトレンドを楽しめる」と感じたんだと思います。実際私もよく使っています。

素の唇が柔らかそうに見える!
1月発売の限定カラーも公開


唇の水分に反応し、血色感を引き出すティント処方。オペラリップティント N左から絶妙にコーラルが入っているので浮かずになじむ01レッド、青みが効いて、透明感を上げる02ピンク、ピュアな印象を作れる03アプリコット 各1,500円/イミュ

 そしてこのリップティントは、いわゆるウルウルの過剰なツヤでなく、あくまで素の唇が柔らかそうに見えるような、わざとらしくない自然なツヤが出ます。

 誰でもしっとり色香を感じさせる唇になれるから、「過剰な色気は出したくないし必要ない」「グロスのツヤは苦手」というような大人の女性にもぜひ一度試してほしいと思います。

 でもここまで大人気になった理由っていったい何でしょう?

 いくつもあると思いますが、まず資料にある「唇に色を“乗せる”のではなく、唇そのものが内側から色づいたような自然な血色感」が出るところ。

 さらに私の勝手な見解として、「唇に乗せたときにとろっと感じるなめらかさと伸び」「どの色も絶妙に色がブレンドされて、日本人の肌色に合いやすい設計になっている」点など。


「唇の皮がむけやすいけど、これは大丈夫」という声も多い保湿力。その秘密はサラサラのリップケアオイルをベースにしているから。オペラリップティント N、左から赤みが入ってなじみやすい04オレンジ、可憐な花びらのような07ベイビーピンク、2020年1月23日に限定で発売される106ピンクフレイズは復刻カラー。ベリーニュアンスのある甘いピンク。 各1,500円/イミュ

 でも何よりも強い理由は、この製品って、いわゆるマーケティングを綿密に長期間行って開発した、というよりも、作る側、使う側、共に「こういうモノがほしい」というリアルな声をベースにして開発されている点なんだと思います。

「強すぎる発色はいらないけど色はちゃんと感じさせたい」「塗った直後にはツヤが強くても長持ちしないのは困る」。そんな、女優やモデルなど特別な人でなく、毎日メイクする普通の女性たちのリアリティをベースにした。だからこそ皆の心をがっちりつかんだのでは。


 野菜の生産者の顔が見える、ではないけれど、コスメに限らず、そういう誰かの「こういうモノが欲しい!」「こういうモノを作りたい!」という強い気持ち、意思のあるモノが人の心をつかんでいくのが、新しい時代なのかなと思います。

 と、そんなことまで考えさせてくれる日本のプチプラコスメ。2020年も期待しています!

オペラ リップティント N 全8色

各1,500円

https://www.imju.jp/shop/g/g490333526OLTA/

♢イミュ

私はココで購入しました

・アートマンアートマン 笹塚店
https://www.keio-atman.co.jp/sasazuka/

プチプラ美

高級コスメにうっとりしつつ、デイリーメイクにはプチプラコスメも出番多し、の美容メインのなんでもライター。編集プロダクションと美容雑誌編集部を経てフリーランスに。かれこれ20ウン年美容雑誌業界の片隅でお仕事中。肌データは、アトピー持ちの(でも現在はほぼ出ない)基本乾燥肌。……なのに寄る年波で部分的な毛穴の開きやテカリも気になる。スペインとお肉とオヤジ俳優好き。

文・構成=斎藤真知子

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング