《銀座》ラッキースポット 訪れると開運がきらりと舞い込む!?

CREA WEB / 2019年12月29日 17時0分

 銀座といえばショッピングだけど、その合間に神社巡りをしたり、趣きある路地を覗いてみたり。

 福を呼び、気持ちが上がる銀座の楽しみ方もあるんです。


 老舗店やハイブランドのショップが立ち並び、いつでも多くの人々を惹きつける街・銀座。江戸時代、銀貨鋳造所が現在の銀座2丁目にあったことが地名の由来で、当時は呉服店が軒を連ね、能や歌舞伎などのエンタメで活気づき、まさしくファッション、文化の中心地だった。

 そんな歴史ある街を掘り下げていくと、幸せを呼びそうなスポットがあちこちに。神社が15社ほど点在し、デパートの中庭や路地裏など「こんなところに!?」という場所に鎮座している。

 ほかにも、きらびやかな純金オブジェがある老舗や富士山絵の銭湯など、華やかで豊かな気持ちにさせてくれる所に立ち寄れば、いつもと違う銀座の顔に出合え、いいことがありそう。


【スポットA】
西銀座チャンスセンター


宝くじは
“億の細道”に続く1番窓口で

 年末ジャンボの発売時期には、大行列をなす宝くじ売り場。

 過去に1等当せんが出て有名になった1番窓口は、4~5時間待ちになることも。ラッキーセブンの7番窓口も人気だそう。


 12番窓口まである中、アンラッキー番号の4・6番窓口は設けていない。


西銀座チャンスセンター

所在地 東京都中央区銀座4-1西銀座デパート
電話番号 03-5216-8031
営業時間 9:00~20:00、
定休日 土、日曜、祝日10:00~19:00
※ジャンボ初日8:30~20:00、
ジャンボ期間中の土、日曜、祝日9:00~20:00
定休日 無休
https://www.nisiginzacc.com/

【スポットB】
ギンザタナカ 銀座本店


ゴールドを見て触って
幸運を味方に

 1892年創業の貴金属の老舗が、2019年9月にリニューアル。


金貨が飾られた店内は、見どころがいっぱい。

 明るいガラス張りの外観や白を基調とした店内に変わり、親しみやすい空間に。動物、野菜、穀物などがモチーフのオブジェがディスプレイされ、豪華な純金ながら遊び心が満載で、見ているだけでも楽しい。


人気木彫り作家・はしもと みおさんと製作した動物シリーズ。純金オブジェ「ねこ」1,200, 000円(税込)、「子(ねずみ)」980,000円(税込)。ほかに実物から型を取ったオブジェも。

ギンザタナカ 銀座本店

所在地 東京都中央区銀座1-7-7
電話番号 03-3561-0491
営業時間 10:30~19:00
定休日 無休
https://www.ginzatanaka.co.jp/shop/ginza.html

【スポットC】
宝童稲荷神社


サクセスストーリーを
見守ってきたお稲荷様

 宝童稲荷小路と呼ばれる、銀座4丁目の裏路地に佇む小さな神社。


参道の近くで猿がお出迎え。

 子どもの健やかな成長を見守るお稲荷様が祀られ、良縁の成就や子育てにご利益があるそう。

 このエリアが時代を切り開く企業家たちの出発地になったことから、商売繁盛の祈願に訪れる人も。


クリアファイルのおみくじ300円を発見。銀座4丁目交差点の風景が描かれ、気の利いたおみやげになる。

宝童稲荷神社

所在地 東京都中央区銀座4-3-14
●終日開放

【スポットD】
豊岩稲荷神社


銀座7丁目交差点からすぐ近く。ビルの隙間を抜けた先に現れる神社は、静かで心落ち着く。

縁結びに効く
恋愛のパワースポット

 灯籠が灯る細い路地の先にある、知る人ぞ知る神社。

 創建は不明だがその歴史は古く、武将・明智光秀の家臣が神様を祀ったと言われている。


祭壇のそばにお稲荷様が鎮座する。

 歌舞伎役者をはじめ、多くの芸能関係者が参拝に訪れ、縁結びに効果のあるパワースポットとしても注目されている。

豊岩稲荷神社

所在地 東京都中央区銀座7-8-14
●終日開放

【スポットE】
金春湯

銀座で味わう
レトロな異空間



 金春通りで1863年から続く銭湯。

 昔ながらの番台を抜けると、錦鯉、春秋花鳥が描かれた九谷焼のタイルや、名ペンキ絵師・中島盛夫さんによる富士山のペンキ絵がレトロ感たっぷりに出迎えてくれる。

 菖蒲湯やゆず湯、ラベンダー湯といった季節ごとの楽しみも。

金春湯

所在地 東京都中央区銀座8-7-5
電話番号 03-3571-5469
営業時間 14:00~22:00
定休日 日曜・祝日
料金 470円
http://www002.upp.so-net.ne.jp/konparu/

#GINZA TOPICS_01

路地


銀座の路地を照らす
水玉のライトアップ

 銀座には路地文化が根付いており、人がひとり通れるくらいの小路に店や神社がある。

 珍しいのが銀座英國屋とティファニー銀座本店に挟まれた路地。日が暮れると赤い水玉模様が現れる。

 近くでビルを所有する村木秀之さんが、約10年前に仕掛けたライトアップ。当初は防犯のために設置したというが、今では温かな気持ちになる名所に。

#GINZA TOPICS_02

ショーウインドウ


クリスマスシーズンは
ディスプレイにも注目

 銀座の街がいっそうきらびやかになるクリスマスシーズン。

 各ショップのショーウインドウも一段と華やかに。


 この季節になると、ショーウインドウやファサードなど、発信力のある素晴らしいディスプレイを決める「銀座ディスプレイコンテスト」が行われる。

 審査員が街を4時間近く練り歩き、受賞店舗を決めるそう。

Text=Maki Funabashi
Photographs=Ichisei Hiramatsu
Illustrations=Yutaka Nakane

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング