世界で愛される名店「メゾンカイザー」 アガるスウィートパン6品をセレクト!

CREA WEB / 2020年3月21日 8時0分

 おいしいパンを提供してくれるパンのチェーン店。駅近やデパ地下スポットも多く、アクセスよいのも有難い!

 各店の愛されパンをCREA WEBがご紹介。今回は甘ーーいパンです。


【メゾンカイザー】

伝統のスウィートなパン6選 パリっ子に愛される名ブーランジェリー


 フランス・パリでスタートしたメゾンカイザーは、今や世界中で愛される名店。

 天然酵母を用いた低温長時間発酵の伝統製法を守り、オリジナル製粉の小麦や最高級のバターなどこだわり抜いた素材を使う。本店と変わらぬ味を日本でも発信している。

 今回紹介するのは、デザートパンなどスウィートなパン。昔ながらの特殊製法で作られる特製の無塩発酵バターを練り込んだ、自慢のクロワッサン生地やパイ生地からなる。

 おやつや朝食にと、ぜひ本場パリの味を。

※店舗や地域により取り扱いのない場合があります。

MAISON KAYSER(メゾンカイザー)

電話番号 03-6435-4861
受付時間 9:00~18:00
http://maisonkayser.co.jp/

◆パン オ ショコラ


パン オ ショコラ 各240円。

親しみやすいトラディショナルな美味しさ

 バター香るふわっとした食感のクロワッサン生地に、二筋のチョコレートを詰めた伝統的なパンオショコラは、朝食やおやつにと幅広く親しまれるパン。

 チョコレートはフランス産の高級なものが使われ、ビターな味わいが特徴。

 食べる前にオーブンで少し温めれば、バターの風味とチョコレートの香りが一層豊かに広がる。

◆ショソン オ ポム


ショソン オ ポム 各280円。

際立つ酸味が印象的なアップルパイ

 フランス語で“りんごのスリッパ”を意味する、定番のデザートパン。

 何層にも重なった歯触りのいい生地の中には果実味豊かなりんごのコンポートが入っていて、シナモンがほんのり香り甘さは控えめ。

 アイスを添えれば、立派なデザートに変身!

◆キャラメルパイ


キャラメルパイ 各280円。

ほろ苦くて甘い サクサクのご褒美パイ

 グラニュー糖をふりかけて焼き上げたバターたっぷりのパイ生地は、シュガーの甘さとバターの風味が相まって、サクッと噛むたびに幸せな気分が満ちてゆく。

 中のほろ苦い自家製のキャラメルソースと洋梨とのバランスも最高で、リピートしたくなる完成度の高い一品。

◆レモンパイ


レモンパイ 各280円。

フランス・リヨン地方伝統の味を

 酸味がしっかりとした濃厚なレモンクリームが詰まった、サクサク&ホロホロ食感のレモンパイ。

 レモンの爽やかさが特徴で、最後まで食べ飽きないのがいい。

 焼き立ての美味しさはもちろんのことながら、冷蔵庫で冷やしてから楽しむのもおすすめで、冷えても食感が損なわれないのがうれしいところ。

◆デリスブラン


デリスブラン 各270円。

老若男女の心を掴む やさしい甘さと食感

 ホワイトチョコレートチップが練り込まれたのが、こちらのデリスブラン。

 生地はふわふわと柔らかく、噛むとホワイトチョコのやさしい甘さが広がる、メゾンカイザーで幅広い世代から支持されている人気のアイテム。

 ベーコンと合わせるなど甘じょっぱい組み合わせもおすすめで、朝食パンにもうってつけ。

◆クロワッサン オ ザマンド


クロワッサン オ ザマンド 各350円。

織りなすラムと アーモンドの風味がたまらない

 ラムシロップに漬けたクロワッサン生地に、アーモンドクリームを挟み、アーモンドスライスをトッピングしてしっとり焼き上げた、クロワッサン オ ザマンド。

 膨らむラムの香りとクリームのコクが織りなすハーモニーが絶妙で、コーヒーとともに堪能すれば至福のブレイクタイムになるはず。

文・構成=Five Star Corporation
撮影=釜谷洋史

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング