【チェック項目つき】気象病の不調 防ぐキモは耳を伸ばすストレッチ⁉

CREA WEB / 2020年4月6日 7時0分


まずはチェック! 気象病のリスクは?

□ 雨天時に耳鳴りやめまいが起こることがある
□ 普段から肩こり、首こりがある
□ 乗り物酔いしやすい
□ 天気の変動があると頭が重くなり頭痛がする
□ 姿勢が悪く猫背気味、反り腰だ
□ パソコンやスマートフォンの使用時間が1日4時間以上
□ 季節の変わり目は、なんとなく体調が悪くなる
□ ストレッチやヨガなども含め、あまり運動習慣がない
□ 仕事や生活の中で精神的なストレスを感じている
□ 冷え性に悩んでいる
□ 歯科医で食いしばりや歯ぎしりなどを指摘される
□ 夏冬ともにエアコンが苦手

 当てはまるものが3つ以上あれば、気象病・天気病予備軍かも。


自律神経を整える生活を心がけて

 寒さと暖かさに揺れる三寒四温のこの季節。つらい花粉症シーズンとも重なり、なんとなく体調がすっきりしない……?

「季節の変わり目や、天気が崩れる2日前から頭が重く、体が冷え、だるくなる。台風が近づいてくるとめまいや耳鳴りなどがする、気持ちが落ち着かない……。このような症状で悩まれ来院される方が年々増えています。特に昨年からの異常気象や、この冬の寒暖差が激しい環境のせいでしょう」と話す久手堅司先生。

 クリニックでは、気象病・天気病外来を設けている。ちなみに気象病“meteoropathy”は正式な病名ではないのだという。

「来院されるのは、20~40代の女性の方が約7割。1カ月に100人以上の方が来られます。めまいや頭痛、吐き気、冷え、肩・首こり、倦怠感、不安感などのさまざまな症状が出ます」

 季節の変わり目に、どうして体調を崩してしまうのだろう。

「自律神経のバランスの乱れが大きな原因です。人間が生きていくために、外部環境に対応して、体内環境を適切な状態に保つ調整作業を主に担っているのが自律神経です。気圧や湿度、気温に対しても、自律神経が働いてくれています。

 寒暖差がプラスマイナス約7度以上(臨床上の目安)だと、体内を一定の状況にしようと自律神経が一生懸命働いてくれ、大量のエネルギーを消費します。結果、疲労が蓄積する寒暖差疲労になってしまい、さまざまな不調が起こると考えられます」

PMS(月経前症候群)の症状が重い人は注意


 自律神経は、外気温が高い時は、副交感神経が優位になり、熱を放出するため血管を拡張させる。

 外の気温が低い時は、交感神経が優位になり、体内の熱を保持するために血管を収縮させるのだという。

「特に症状が出やすいのは、寒暖差が激しい3月、また5月のGWの気温が上がる時、梅雨入りや梅雨明け、エアコンを使用する時期にも症状が出やすいですね」

 また、ホルモンバランスと自律神経は密接な関係があるので、PMS(月経前症候群)の症状が重い人は、天気の変動にも弱い場合が多い。

「患者さんを診ると、デスクワークの人は、天候に左右される症状が出やすいようです。パソコンなどの作業時間が長いと、姿勢も悪くなり、猫背気味で反り腰になる。骨格のゆがみがある人も、体が緊張状態にあるので自律神経が乱れがちになる人が多いのです」

 いつでもどこでもできそうな簡単メンテナンスは、なんと耳。

「耳回りは、こりが溜まりやすい部分です。耳伸ばしは、軽く耳を引っ張って放すだけ(※)。緊張がほぐれ、耳や顔回りの血行がよくなります。頭痛でつらい、肩・首こりが気になる時に、1日何回もこまめに行いましょう。すっきりします」

(※) 頭痛、肩こりがすっきりする 耳伸ばしストレッチ

耳たぶの少し上を水平に引っ張り、5~10秒キープして離す。回繰り返した後に、両耳を前後上下に動かすのも効果的。

●教えてくれたのは…
久手堅 司(くでけん つかさ)先生

総合内科・神経内科専門医。せたがや内科・神経内科クリニック院長。東邦大学医学部医学科卒業。東邦大学医療センター大森病院などを経て、クリニックを開業。患者さんの診療を行ううちに天候と不調との関連に着目し、「気象病・天気病外来」や「寒暖差疲労外来」などを立ち上げる。

Text=Kaoko Saga(Lasant)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング