子どもへの差別や暴力を考えるときに モデル・前田エマのおこもり本3冊

CREA WEB / 2020年6月3日 9時0分

 おこもり期間中、家で過ごす時間が増えたからこそ、久しぶりにゆっくり読書をした人も多いはず。気になるあの人が読んでいたのはどんな本?

 家の本棚を見返して久々に読んだエッセイや詩集、いつか読もうと思って積読していた中から発掘した小説やマンガなど、手に取った理由とともに、作品の魅力を伺いました。

 今回紹介してくれるのは、モデルの前田エマさんです。


1冊目『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(ブレイディみかこ)

毎日が事件の連続 『元底辺中学校』に通う息子を描くノンフィクション


新潮社 1,350円。

「去年流行っていたので、読もうかなと思い買ってみたものの保留にしていた本でした。今、読んで本当に良かったなあと思います。

 というもの、自粛期間中にテレビをつけると、医療従事者の子どもに対する差別や、家に居ることで暴力から逃げられなくなっている子どもの話が流れてきて、辛い気持ちになったからです。

 この本には、差別や暴力がどうして生まれてしまうのか、解決策はないのか、という問いに『元底辺中学校』に通う11歳の男の子が、学校の友人との交流を通じて、一生懸命自分なりに考えながら生きていく勇気ある姿が描かれているエッセイです。

 彼を通して見る世界は理不尽なことや悲しいことがあってもキラキラしていて、人が忘れてはいけない大切なことを考えさせられます」

◆あらすじ

アイルランド人の配偶者と英国の公立学校に通う一人息子と暮らす著者の日常には、所得格差やレイシズム、児童虐待やジェンダーなど、「世界の縮図」のような問題が日々発生する。子どもならではの視点でこれらの社会問題と向き合う息子が、一つひとつに答えを導き出す様子を母親目線で描いたノンフィクション。Yahoo!ニュース本屋大賞2019、ノンフィクション本大賞受賞。

2冊目『歳月』(茨木のり子)

詩人・茨木のり子が亡くなった夫に宛てた39篇


花神社 品切れ。

「『自分の感受性くらい』という作品で有名な詩人の茨木のり子さんが、亡くなった旦那さんに宛てて書かれた詩を、彼女の死後にまとめた詩集です。

 悲しいことや、辛いことがあったとき、明るい話題や幸せな物語が人を救うことももちろんありますが、それだけが救いになるのではないと私は思います。

 いつか終わりがくること、私もあなたもいなくなってしまうこと。そんな気配の詰まった言葉が、人の心に寄り添ったり、人の気持ちをほっとさせる力を持っていることに、私はなんだか嬉しくなりました。

 枕元に置いて、何度も読みました」

◆あらすじ

詩人・茨木のり子が「一種のラブレターのようなもので、ちょっと照れくさい」と生前公表をしなかった、49歳で亡くなった夫への想いを綴った詩集。夫婦のときに生々しく、艶めかしいやりとりを想起させる作品や、とりとめもない日常がいかに大切だったのか、圧倒的な喪失感の中で生み出された詩、もう会えない夫への溢れ出す恋慕を綴った一篇など、25年の時をともに過ごしてきたふたりの歳月に思いを馳せる、至高の愛の詩39篇を収録。

3冊目『塩田先生と雨井ちゃん』(なかとかくみこ)

愛に全力! 女子高生・雨井ちゃんの健気な姿に勇気をもらって


イースト・プレス 既刊3巻 各725~780円。

「『キュン』とさせる物語が持つ魔力みたいなものに、何も考えずぶら下がりたくなってしまって、読み返しました。

 16歳の女子高生・雨井ちゃんと、29歳の高校教師・塩田先生の内緒の恋愛ストーリーなのですが、雨井ちゃんの常に愛に全力な姿は、普段読んでいるときは『かわいいなあ~』くらいに思っていたのですが、世界がこんなふうになって、会いたい人に気軽に会えなくなってしまった今、なんだか涙が出てきてしまうくらい、健気で愛おしくて『負けてられない! 私も頑張る』と勇気をもらいました。

 ストーリーは、とくに特別なことは起らない、のんびりスクールライフを描いているのですが、レトロなイラストなので、より癒やされるんです」

◆あらすじ

担任の塩田先生と内緒で付き合っている女子高生・雨井ちゃんの日常を描いたラブコメ短編集。好きな気持ちを全力で表現する雨井ちゃんに、若干引き気味ながらも、彼女を大切に思い、愛を受け止める先生だが、その恋は周りにはヒミツで……。ふたりの恋の行方は? pixivで人気の連載が大幅加筆修正と描きおろしを加えて書籍化。


前田エマ(まえだえま)

1992年神奈川県生まれ。東京造形大学卒。大学在学中から、モデル、エッセイ等の執筆、写真、ペインティング、朗読、ナレーションなど、分野にとらわれない活動が注目を集める。現在はモデルの傍ら個展を開催するなど幅広く活躍。

文=CREA編集部

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング