鎌倉と川崎の好立地に異なる2軒! 「ホテルメトロポリタン」が開業

CREA WEB / 2020年6月17日 7時0分

鎌倉初出店の無印良品のカフェなどを併設

◆ホテルメトロポリタン 鎌倉


プレミアムコーナーツイン。足元まである大きな窓からは「鶴岡八幡宮」二の鳥居が眺められ、鎌倉らしい景色を堪能できる角部屋。

 神社仏閣など多くの歴史的建造物などが残された古都。そして国内外から多くの人が訪れる観光スポット、鎌倉。

 そんな鎌倉駅から徒歩2分という絶好のロケーションに、2020年4月24日(金)「ホテルメトロポリタン 鎌倉」がグランドオープンした。

 テーマは、“心魅かれる新たな古都へ”。

 これには、宿泊しなければ分からない古都・鎌倉の新しい魅力を発見してほしいという思いが込められているという。

 非日常のときめきと、日常のやすらぎを提供する、まさに“別邸”というにふさわしい客室は、全12タイプ。

「鶴岡八幡宮」二の鳥居をはじめ、鎌倉らしい景色が一望できるプレミアムコーナールームや、ゆったりとした小上がりが特徴的なスーペリアルームなどがあるので、旅の用途に合わせて、好みの部屋をチョイスしたい。


中庭の緑がまぶしく、爽やかな風が吹き抜けるロビーのテラス。

 まるで鎌倉の駅前であることを忘れさせるような、ホテルの造りにも注目したい。

 自然との調和を生み出す日本建築独特の空間である“縁側”のエッセンスを取り入れ、モダンな空間へと昇華させていることが大きなポイント。

 縁側のようなテラス、青々と緑が茂る中庭など、館内にはほっと寛げるスポットが多数用意されている。


地元食材をふんだんに使った「Café&Meal MUJI ホテルメトロポリタン鎌倉」の朝食例(宿泊ゲスト専用)。

 もうひとつの注目ポイントは、鎌倉初出店となる「無印良品」とのコラボレーションだ。

 ホテル1階には「Café&Meal MUJI ホテルメトロポリタン鎌倉」と「MUJIcom ホテルメトロポリタン鎌倉」が。

「Café&Meal MUJI」では太陽や土、水の恵みがたっぷりと染み込んだ素材そのものの味を生かし、自然の旨味を引き出すために、できる限りシンプルに調理したメニューが味わえる。

 和食と洋食からセレクトできる朝食は、宿泊ゲスト専用だが、午前11時以降は「選べるメインとサラダバーセット」やスイーツメニューをラインアップ。

 誰でも気軽に利用できるので、鎌倉の新しい人気グルメスポットとなりそうだ。


ホテルの庭の奥に見えるのが、「Café&Meal MUJI」のテラス席。建物の中には、無印良品のショップ「MUJIcom ホテルメトロポリタン鎌倉」がある。「MUJIcom」では、旅行や日常使いに便利な雑貨や食品を揃えている。

ホテルメトロポリタン 鎌倉

所在地 神奈川県鎌倉市小町1-8-1
電話番号 0467-60-1111(代)
https://kamakura.metropolitan.jp/

“ホテルギャラリー”で 新進アーティストを応援

◆ホテルメトロポリタン 川崎


ウェーブ型の高い天井、シックなソファが印象的な2階のロビーラウンジには、グランドピアノが置かれている。ここを舞台に、シティホテルでは珍しいジャズの“投げ銭ライブ”「FRIDAY MUSIC NIGHT」を毎週金曜に開催(開始時期未定HPにてお知らせ)。

 ホテルメトロポリタン 鎌倉」に続き、5月18日(月)には“出会いと物語の始まる舞台”をテーマに、川崎駅前に「ホテルメトロポリタン 川崎」がオープンした。

 川崎は、音楽・アート・スポーツ・先端産業・研究開発など、多彩な分野の“最先端”、そして江戸時代に栄えた宿場町という“伝統”と出合える場所。

 品川と横浜の中間に位置し、羽田空港にも近いロケーションのよさも特徴のひとつ。

 これら川崎という街が持つ長所が、このテーマに繋がっている。

 “出会いと物語の始まる舞台”となるべく、このホテルが手掛ける音楽やアートイベントは特筆に値する。

 世界水準の音響と評される「ミューザ川崎シンフォニーホール」に隣接するロケーションを最大限に生かし、各種音楽イベントを開催するのもそのひとつ。

 そして“市民生活の中で芸術・文化が薫るまち”川崎市にある1ホテルとして、感性を刺激するアート、アーティストとの出会い、若き才能を応援する機会を積極的に生み出そうとしていることにも注目したい。


1階エントランスやレストランなどにアートが常設されるほか、2階のパブリックスペースのフロント後方(写真)などでは、年5回、アートが入れ替え設置される。

 館内の随所に展示されているのは、すべて'70~90年代生まれの若手アーティストによるもので、絵画や版画のほか、織物など幅広いジャンルの作品を今後は展開する予定だという。

 さらにアーティストを交えたワークショップやアートサロンの定期開催、直営レストラン「Terrace and Table(テラス アンド テーブル)」では、展示アート作品とのコラボレーションスイーツ提供の企画も進行中。


60平米もの広さがある、最上階(16階)のアーデルスイート。JR川崎駅方面や街並みが楽しめるパノラマの眺望が魅力で、川崎が誇る音響メーカー「DENON」のスピーカーを8台設置したホームシアターシステムを完備しているのも大きな特徴だ。

 多彩なタイプを揃えた客室は、全室に49型の4Kテレビが設置され、ベッドはシモンズ社の最高級ブランド「SIMMONS Beautyrest LUXE SERIES」の8.25インチコイルを採用。

 肌触りのよい綿100%のリネン、高品質な枕、掛布団に包まれながら睡眠科学に基づいた最先端のテクノロジーが深い眠りへと誘ってくれる。

 飲食施設は、直営店のオールデイダイニング「Terrace and Table(テラスアンドテーブル)」と、カフェバー「REVOLVER - Booze & Coffee -」、中国大陸料理「過門香」がプロデュースする「過門香 點」(2020年7月1日オープン予定)の3箇所。


「Terrace and Table(テラスアンドテーブル)」は、ホール席、テラス席、個室の3つのエリアで構成されている。

「Terrace and Table」の特徴は、席に合わせたメニューが楽しめること。

 ホール席では、フレンチ、イタリアン、中華、アジアなどの各国料理をブッフェスタイルで提供。

 テラス席ではワンプレートディッシュやBBQなどのアウトドアグルメなどが楽しめ、10名まで利用可能な個室では洋食のコース料理とともにソムリエセレクトのワインが堪能できる。

 シーンやニーズに合わせて利用できる、使い勝手抜群の1軒なのでぜひ覚えておいて。

ホテルメトロポリタン 川崎

所在地 神奈川県川崎市幸区大宮町1-5
電話番号 044-533-1111(代)
https://kawasaki.metropolitan.jp/

文=立花奈緒(ブレーンシップ)
撮影=志水隆(ホテルメトロポリタン鎌倉)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング