1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. グルメ

神戸創業の老舗豆菓子メーカーが始めた おしゃれなナッツスイーツ専門店

CREA WEB / 2021年7月11日 15時0分


「木の実シュー」。左から、アーモンド、クルミ、ピスタチオ、ヘーゼルナッツ、ピーナッツ。

 神戸っ子に馴染み深い「磯豆」「バターピーナッツ」といった豆菓子を作り続ける「有馬芳香堂」は、今年、創業100年の老舗。

 大好きなおやつのひとつ「【ありがとうタンタン】 白いさくさくきなこ黒大豆」を作っているメーカーです。この神戸市立王子動物園とコラボした商品は、パンダにちなみ、国産黒大豆に白いきなこをかけた豆菓子。香ばしくて軽い歯触り。あっというまに1袋が空になります。

 その有馬芳香堂さんが、4月26日にナッツスイーツ専門店「ナッツラボ」をオープンしたと知り、訪ねてきました。


「木実氷(きみか)ソフト」イートイン 800円。テイクアウトの「木の実ソフト」は 500円。

「ナッツラボ」のイートインメニューで一番のおすすめは「木実氷(きみか)ソフト」。ハニーバターナッツとキャラメルソースをトッピングし、中にはバナナチップの他、日替わりで食感のある生地が数種類入っています。

 さっぱりとした北海道産ソフトクリームとナッツの香ばしさに、ザクザク、サクサク、様々な食感がプラスされて食べ飽きません。

 さらにイートインでのお楽しみは、添えられている白い最中の皮に入ったミックスナッツを途中でトッピングする“追いナッツ”です。木桶醤油仕込みのナッツで甘塩っぱい味に変化して、とても面白い。


「木の実シェイク」750円。

 もうひとつのおすすめメニューが、北海道産ソフトクリームを使った「木の実シェイク」。

 中には、ピーナッツペースト、アーモンドペースト、砕いたハニーバターナッツ。太いストローで吸えば、口の中いっぱいにナッツの風味が広がります。


「木の実シュー」イートインは5個 1,250円。日替わり3個セット 750円。テイクアウトは6個 1,500円。

 さらに、ラボでぜひ味わいたいのが「木の実シュー」。小振りなシューの中には、ナッツをふんだんに使用した濃厚なクリームがたっぷり入っています。

 アーモンド、クルミ、ピスタチオ、ヘーゼルナッツ、ピーナッツの5種類で、それぞれクリームの風味が異なり、ナッツ好きにはたまりません。生地がサクサクのうちにドリンクと一緒に味わいたい。

 コーヒーは、芦屋の「RIO COFFEE」コーヒーの「ESPRIO」、紅茶は、同じく芦屋の紅茶専門店「Uf-fu」のノッテ、アールグレイ。ナッツと好相性のものがセレクトされています。

ナッツたっぷりのお菓子は手土産にも


マドレーヌとフィナンシェ 各300円。左から「マドレーヌ」ヘーゼルナッツ、「フィナンシェ」ピスタチオ、クルミ。

 おなじみの焼き菓子「マドレーヌ」も「フィナンシェ」も、もちろんナッツたっぷりでとても香ばしい。ヘーゼルナッツ、ピーナッツ、ピスタチオなど、どのナッツを使ったものがあるかはその日のお楽しみです。


焼き菓子 各300円。左から「コーヒーとクルミのパウンドケーキ」「ピスタチオとヘーゼルナッツのチョコレートケーキ」「バナナとクルミのパウンドケーキ」。

「パウンドケーキ」は、「バナナとクルミ」や「コーヒーとクルミ」、「ピスタチオとヘーゼルナッツのチョコレートケーキ」など色々。控え目な甘さでナッツの芳香が引き立ちます。


「ロッシェ」ココア、抹茶、ラズベリー各1袋 750円。「クッキー」1袋 300円。写真は「クルミとチョコチップのクッキー」。

 様々なナッツとチョコレートを固めた「ロッシェ」は、手にするとずっしり重い。口に入れて噛むほどに、チョコとナッツの風味が広がります。ウイスキーやブランデーにも合いそう。


ギフト用のボックスは六角形。ここで作られている「ナッツラボフレーバー」アーモンド、マカデミアナッツ 各750円。他に、有馬芳香堂の工場で作られた「匠の素焼きミックスナッツ」「ソルトミックスナッツ」「木桶醤油仕込みのミックスナッツ」など、各550円。

 焼き菓子やロッシェは、ナッツ好きへの手土産にぴったり。お洒落な六角形の箱入りのシリーズもステキです。


グリーンが映えるお洒落な店内。

 場所は、神戸市兵庫区下沢通。神戸市営地下鉄上沢駅と神戸高速線大開駅の間で、有馬芳香堂の創業の地域であり、かつての自社工場の跡地です。

 お洒落なお店は、ラボという名のとおり商品開発研究所も兼ねていて、建物も内装も界隈で一際目立っています。


店内では手作りする様子を見ることができます。

 グレートーンで統一された落ち着きのある店内で、ゆっくりナッツスイーツを味わって、手土産も買って帰りましょう。お店の一角はガラス張りの厨房。ナッツをいっぱい使って、丁寧にお菓子を作っている様子を見ることができます。

 神戸の中心街ではありませんが、わざわざ訪れたいナッツスイーツ専門店。近々、ナッツを使ったバタークリームサンドも登場する予定。

 ラボでは、食を通した交流の場として、様々な分野のプロを招き、ワークショップやイベントを開催する企画も進めているとか。今後の展開から目が離せません。


「NUTS LAB(ナッツラボ)」

所在地 兵庫県神戸市兵庫区下沢通7-1-2 アキナッツテラス神戸 1階
電話番号 078-577-3582
https://nuts-lab.com/
Twitter @nuts_lab
Instagram @nuts_lab_426

文・撮影=そおだよおこ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング