1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

防災に役立つアウトドアグッズ10選 軽い&丈夫&コンパクトで優秀!

CREA WEB / 2021年9月5日 13時0分

 屋外なので密を避けられるといった側面もあり、コロナ禍において人気が加速するアウトドア。外遊びを楽しむためのアウトドアグッズのなかには、防災用として活用できるものも。

 暮らしにまつわる著書を多数刊行するエッセイスト、柳沢小実さんは、実は大のキャンプ好き。モノ選びの達人でもある柳沢さんに、非常時に活躍してくれるアウトドアグッズを教えてもらいました。



 年々増加傾向にある自然災害。2011年に自宅で震度5弱の揺れに遭遇した際に、身を守ってくれたのは、家にあったアウトドア用品でした。それから、アウトドア用品を防災用に流用することを意識して道具を揃えるようになり、今ではある程度の備えができました。

 登山やキャンプは、最低限の装備で衣食住に不便がない状態を作らなければなりません。水を汲んできて、火を焚き、食事を作り、安全に眠る。普段当たり前だと思っていたことをするのに、どのような装備が必要かを学ぶ場でもあります。

 アウトドア用品を防災用品にする良さは、あらかじめ道具を使い慣れておける点です。非常時は常に素早く正しい判断をしなければならず、気持ちはもちろん体力的にも消耗します。だから、せめて道具類だけでも、使い勝手をわかっているものを揃えていると、安心できます。

 登山やキャンプなどを通じて、これなら非常時にも役立ってくれると実感した、選り抜きの品をご紹介します。

#1 モンベル「バーサライト パック 15」


モンベル「バーサライト パック 15」(私物)。

 東日本大震災から10年、あれから極力スニーカーで出かけるようになりました。もしもの際に素早く動けて、また長距離を歩くこともできる靴。そのような視点で身支度をしています。

 そして、バッグも両手があくものを選びたい。モンベルのパッカブルリュックは約100gという軽さ。肩紐は平たくて幅があり、荷物が重くても食い込みません。エコバッグ代わりや旅にも使えるリュックです。


たたむとこんなにコンパクトに!

モンベル

https://www.montbell.jp/

#2 ザ・プロダクト「ドライシャンプー」


ザ・プロダクト「ドライシャンプー」(私物)。

 こちらは私が日頃から愛用しているドライシャンプー。頭皮や体に汗をかいたときにしゅっとひと吹きすると、爽やかなミントの香りでリフレッシュできます。植物由来のアルコールを含んでおり、マスクスプレーとしても使用可能。清潔さとリラックスをかなえる、非常時に持っていると心強いアイテムです。

ザ・プロダクト

https://theproduct.jp/

#3 キャリー・ザ・サン「Medium Light」


キャリー・ザ・サン「Medium Light」(私物)。

 太陽の光で充電できるソーラーランタン。本体はとても軽く、使わないときは平たくたためます。あたたかな光が灯ると、気持ちがホッと安らぐ。本体が熱くならないため、お子さんやペットの近くに置いても安心です。キャンプはもちろん、自宅でも使えるデザインです。

キャリー・ザ・サン

https://carrythesun.jp/

#4 ペツル、ブラックダイヤモンド「ヘッドランプ」


ペツル、ブラックダイヤモンド「ヘッドランプ」(私物)。

 ヘッドランプは、ゴムバンドで頭に固定するタイプの照明器具。暗闇を移動する際は、懐中電灯を手に持つよりも、このように両手があくライトのほうが断然使い勝手がいい。寝るときは首にかけておいて、使用時に頭部に装着するのがスマートな使い方です。

ぺツル

https://www.alteria.co.jp/


ブラックダイヤモンド

https://www.lostarrow.co.jp/blackdiamond/

#5 日本野鳥の会「アウトドアグローブ」


日本野鳥の会「アウトドアグローブ」(私物)。

 本のページをめくったりギアを操作したりしやすいように、手のひらの部分に天然ゴムの滑り止めがついているグローブ。グリップ力にすぐれ、細かな作業にも向いています。不安なときこそ、好きなデザインの小物に元気をもらいたい。家に置く非常用バッグと、持ち出し用のバッグそれぞれに一つずつ入れています。

日本野鳥の会

https://www.wbsj.org/

#6 SOTO「レギュレーターストーブ ST-310」


SOTO「レギュレーターストーブ ST-310」(私物)。

 もしもガスコンロが使えなくなったら、アウトドア用のストーブの出番です。こちらのストーブの特徴は、専門店で販売しているアウトドア用のガスカートリッジではなく、ごく一般的なカセットボンベを装着できること。本体がかなりコンパクトになるので、保管スペースも取りません。

SOTO

http://www.shinfuji.co.jp/soto/

#7 イワタニ「カセットフー タフまるJr.」


イワタニ「カセットフー タフまるJr.」(私物)。

 コンパクトなのに高火力なアウトドア用コンロ。従来のカセットコンロよりも4割ほど小さく、持ち運びに最適です。また、五徳のまわりに風防がついているため、屋外で使用しても火が安定します。非常時は屋外で煮炊きする可能性もあるので、こちらが断然おすすめ。


取っ手付きケースがあるので、持ち運びしやすい。

イワタニ

http://www.i-cg.jp/

#8 Patagonia、尾西食品、アマノフーズ 山用フード


写真左 Patagonia「オーガニック・スパイシー・レッドビーン・チリ」、写真右上 「尾西のチキンライス」、写真右下 アマノフーズ「畑のカレー」シリーズ(私物)。

 Patagonia「オーガニック・スパイシー・レッドビーン・チリ」は、オーガニックの赤インゲン豆がたっぷり入った、スパイシーなスープ。「尾西のチキンライス」はお湯または水を注ぐだけで食べられるアルファ米のチキンライス。保存可能期間が5年と長いため、非常食にも最適です。アマノフーズ「畑のカレー」シリーズも、お湯を注いで60秒で食べられます。

 どれも手軽に調理できる山用フードにもかかわらず、とても美味しい。これらを買い置きすれば、非常食によくあるひもじさを感じずにすみます。

Patagonia

https://www.patagonia.jp/


尾西食品

https://www.onisifoods.co.jp/


アマノフーズ

https://www.amanofd.jp/

#9 キャプテンスタッグ「EVAフォームマット」


キャプテンスタッグ「EVAフォームマット」(私物)。

 キャンプマットは、あるとないとじゃ大違い。寒いときは、地面からの冷気を遮断することがとても大切です。凹凸があるため保温性にすぐれ、弾力も◎。コンパクトに折りたためるので、使わないときは保管の場所を取りません。

キャプテンスタッグ

https://www.captainstag.net/

#10 ISUKA「シュラフ」


ISUKA「シュラフ」(私物)。

 シュラフは暖かさはもちろんのこと、包まれている安心感があります。非常時は緊張や疲れで眠りも浅くなるだろうから、睡眠まわりの準備はしておくに越したことはありません。

 しっかり眠れる環境を整えて体力を温存し、いざというときに動けるようにすることもとても大切です。


たたむとこんなにコンパクト!

ISUKA

https://www.isuka.co.jp/

文=柳沢小実
撮影=深野未季

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング