1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

[ひつじ年]9月上旬~10月上旬運勢 言動は控えめに、なすべき課題は粛々と

CREA WEB / 2021年9月4日 18時0分

未(ひつじ)年

9月7日(火)〜10月5日(火)の運勢


 注意深さが必要となるとき。

 仕事面では、面倒くさい人物に目をつけられる可能性大。

 なるべく目立たないよう、また突っ込まれるようなミスをしないよう、何事も慎重に。

 それでも、難癖をつけられたり、無理難題を押しつけられたり…という理不尽な目に遭うことも……。

 しかし、ここは歯を食いしばって踏ん張るしかありません。やるべきことを粛々とこなし、運気が上向くのを待ちましょう。

 反抗的な態度は、さらなる試練をもたらします。不本意かもしれませんが、今は忍耐あるのみ。エネルギーはできるだけ仕事に向けるのが得策です。

 達成したい物事がある人は、焦らないことが大切です。

 目標値は、少し緩めに。ゆったり取り組むのがおすすめです。

 そんなふうに自分をちょっと甘やかしてあげると、新たな気力が湧いてくるはず。その時機が来るまで、今しばらくはペースダウンを。

 恋愛面は、ご縁に任せるが吉。

 来る者は拒まず、去る者は追わず……といった心持ちで臨みましょう。トントン拍子進む恋なら、その流れに身を任せる。なかなか進展しない場合は、躍起にならない姿勢が肝要です。

 金銭面では、衝動買いを抑えることが重要課題。想定外の出費が増える時期なので、支出は計画的に。

 また、自宅に仕事を持ち帰ることも出てくる雲行きですが、徹夜はNG。

 この時期の睡眠不足は、不満やイライラを増長させるので、日々質のよい睡眠が取れるよう心がけてください。

 健康面で注意したいのは、背中と腰の痛み、関節炎。

 この時期、相性がいいのは、卯(うさぎ)、亥(いのしし)年。

 距離を置いたほうがいいのは、子(ねずみ)、丑(うし)年の人。

 吉方位は、東と西。避けたほうがいいのは、北と南。

※台湾の占いは旧暦が基本。旧暦と西暦で干支が変わる人もいますが、ここでは西暦での干支でみられるように占っています。

未(ひつじ)年

神鳥さんが授けるお守りアイテム

 8頭の馬が駆ける様子を描いた「八駿馬圖」を飾りましょう。

 この意匠には、いくつかの解釈がありますが、ここでは、八方からお金が集まってくるという“八方来財”のイメージと、四方八方からの悪を倒し、財運や助っ人を招いてくれるというイメージのチカラを借ります。

 画像検索をすると、いくつかのバリエーションが見つかるので、気に入ったものをプリントアウトし、オフィスやリビングに貼りましょう。

 大きいものなら、自分の定位置の背後の壁に貼るのが基本。

 小さいものならデスクマットに入れておいても。このとき、頭が部屋の内側を向くようにするのもポイントです。

 よく目につく場所に飾ることが重要なので、引き出しやバッグの中に入れるのはNGです。

 過去に用意したことがある人は、色あせや傷みがあるようなら、再度プリントしたほうがよいでしょう。

 この時期のラッキーカラーは、白と緑。

 避けたほうがいいのは、黒と赤色。

未(ひつじ)年・基本性格

 静かな情熱と豊かな才能を内に秘めた人。

 ブレることなく自分の世界を追求し、クリエイティビティを発揮していける人です。

 今、モノづくりを職業にしていなくとも、プライベートで同人誌、ハンドクラフト、音楽などの創作活動に励んでいる人も多いのでは。

 何事にも研究熱心で、与えられたタスクには一心に取り組み、独自のアイデアを加え、他の人にはないものを仕上げていくことでしょう。

 アーティスティックな面を持ちながらも環境適応能力が高く、どんな職場でもうまくやっていけるタイプです。

 上司の指示には従順、同僚の無茶振りに寛大、後輩には親切で、任せた仕事は抜群の仕上がり……。

 まさに非の打ちどころがない人材といえるでしょう。

 また、揉めごとが苦手とあって、少々の不条理はのみこんでしまうことも。ふんわりして見えて、実はとても心が強い人です。

悟明老師(ウーミン ラオシー)

「易屋軒命理」算命師。祖父の代から続く占術家で、一子相伝の奥義を受け継ぐ。占い歴は25年。本サイトでは東洋の占星術「十二太歳宮理論」に基づく干支の運勢を「鳥卦」によって詳細に解説。
台北市饒河街夜市内(饒河街220號の前)での鳥占いは、連日、長蛇の列ができる人気ぶり。生まれ年と質問を伝えると、神鳥が中国タロットのカードをついばみ、先生が解読。探し物が見つかるとのクチコミ多数。

文=堀 由美子
イラスト=さじきまい

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング