1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

[うま年]9月上旬~10月上旬運勢 コツコツと根気よく育てれば収穫あり

CREA WEB / 2021年9月4日 18時0分

午(うま)年

9月7日(火)〜10月5日(火)の運勢


 根気よく育てることで、花が咲き、実りを得られるとき。

 この時期の前半は、あまり思い通りにいかないかもしれません。ですが、コツコツと努力を積み重ねることで、少しずつ事態が好転していきます。

 そうした運気は、仕事面ではもちろん、金銭的な問題、暮らし向き、健康面でも同様です。

 綺麗な花が咲く日が来ることを、そしてかぐわしい果実がなる日を心の支えに、目の前の課題を辛抱強くこなしていってください。

 “育てる”という意味では、運を育てるにもよい時期です。周囲に困っている人がいたら、できる限りのサポートを。

 あなたが出した助け舟は、あなたが困ったとき、きっと助けに戻ってきます。ですが、そうした見返りのために動くのではなく、人としてどうあるべきかという心で行動することが大切です。

 また、人間関係では、調和や協調が鍵となる時期。出る杭は打たれるので、善行であっても、こっそりと、目立たないよう。

 この時期は、交友関係を広げすぎるのは避けたいところ。トラブルに巻き込まれやすい運気にあるので、派手に遊ぶのはNGです。

 恋愛面では、愛情を注ぐべき相手を見誤らないこと。

 例えば、周囲の応援が得られない関係ならば、そのお相手は、あなたには相応しくない人物なのかも。客観的な意見や視点を忘れずに。

 健康面で注意したいのは、内分泌失調、気管支炎の兆候。

 この時期、相性がいいのは、寅(とら)、戌(いぬ)年。

 距離を置いたほうがいいのは、子(ねずみ)、丑(うし)年の人。

 吉方位は、東と西。避けたほうがいいのは、北と南。

※台湾の占いは旧暦が基本。旧暦と西暦で干支が変わる人もいますが、ここでは西暦での干支でみられるように占っています。

午(うま)年

神鳥さんが授けるお守りアイテム

 招き猫のチカラを借り、この時期の福を招き入れましょう。

 招き猫は、台湾でも縁起物として親しまれていて、日本と同様、飲食店や事業所、宝くじ売り場などに置かれています。

 右手を上げているものは招財、左手は人脈づくりに良いなど諸説ありますが、気に入ったものであれば、色や形は問いません。

 何らかの経営をしている人は事業所やお店の入口に、お客様と対面するように飾ります。オフィスワークなら、自分のデスク上に、外側を向くように置きましょう。

 家の中であれば、リビングなど寝室以外の場所に。

 開運アイテムは、代用品よりも実物のほうが効果が高いので、日本でも手に入りやすい招き猫は、ぜひ置物を用意してください。

 この時期のラッキーカラーは、白と緑。

 避けたほうがいいのは、黒と赤色。

午(うま)年・基本性格

 客観的な視点とブレない軸を持ち、凛とした存在感をたたえる人。

 確固たる自分の意見を持っているので、周りに流されることなく、我が道を進んでいくでしょう。

 自分のなかで善悪の区別が明確で、相手が誰であれ、それが間違っているなら、ひるまず誤りを指摘。

 逆に評価されるべき事柄に対しては、ライバルであっても惜しみない賞賛を送るなど、公平で中立的に振る舞うタイプです。

 また、論が立ち、話し上手なのも特徴のひとつ。

 人の心を動かす話術に長け、プレゼンテーションや営業は得意分野。大舞台でも物怖じすることなく、おのが役割を果たすことでしょう。

 さっぱりした性格で、細かいことにこだわったり、引きずったりしないことから、クールな人に見られる場合もありますが、実際は裏表のない信頼できる人。良き友人にも恵まれるでしょう。

悟明老師(ウーミン ラオシー)

「易屋軒命理」算命師。祖父の代から続く占術家で、一子相伝の奥義を受け継ぐ。占い歴は25年。本サイトでは東洋の占星術「十二太歳宮理論」に基づく干支の運勢を「鳥卦」によって詳細に解説。
台北市饒河街夜市内(饒河街220號の前)での鳥占いは、連日、長蛇の列ができる人気ぶり。生まれ年と質問を伝えると、神鳥が中国タロットのカードをついばみ、先生が解読。探し物が見つかるとのクチコミ多数。

文=堀 由美子
イラスト=さじきまい

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング